離された園 復刻版 岩波写真文庫

岩波書店

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000282758
ISBN 10 : 4000282751
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,64p

内容詳細

戦後5年、1950年に創刊された画期的テーマ別写真集「岩波写真文庫」。50年代のリアリティを伝える写真文庫の中から、森まゆみの選により、5冊を初版のままに復刻。本書は「離された園」。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    2016年907冊め。全国のハンセン病療養所から集められた写真をまとめた記録集。意外なほど淡々としていて悲劇的な側面は強調はされていない。これは特効薬開発後の時代の写真が主だからだろうか。文学作品で読みかじった療養所のすさまじいばかりの悲壮さとは受ける印象が違う。しかし慰問に来ている元皇族が、畳の上でも靴を履いているのを見ると、彼らのおかれた境遇だとか世間の偏見等が全く解消されていないと感じさせられる。舌で点字を読んでいる全盲患者の写真にも驚かされる。

  • ののまる さん

    「無関心があやまちを生む」

  • 芋堅干 さん

    大学の授業で。小さな閉ざされた社会のなかでも、立場によって希望が生まれたり、反対に今の生活への諦めが生まれたりすることが興味深かった

  • みやざき@第2版 さん

    北條民雄の延長として初めて本著のような写真文庫に食指を伸ばしてみた。想像していたより穏やかな写真が多くて、ハンセン病そのものというより療養園の日常生活に注目したものが大半を占めていた。50年代ということでまだまだ現代的設備の乏しい園内は、木造平屋の林立する時代がかった風景で、当時のイメージのない私にとってはどれも貴重な資料だった。また、最後のページに掲載された入園者による本著に向けた批評文がどれも切実なもので、ここだけでも読む価値が十全にあった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品