野生動物カメラマン <ヴィジュアル版> 集英社新書

岩合光昭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208122
ISBN 10 : 4087208125
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
222p;18

内容詳細

世界的動物写真家・岩合光昭。なぜ彼には「決定的瞬間」が撮れるのか。世界中の人々を魅了してやまない数多くの写真と共に40年以上に渡るこれまでの撮影を振り返り、舞台裏と野生動物への想いを綴る。

【著者紹介】
岩合光昭 : 1950年、東京都生まれ。動物写真家。19歳の時、同じく動物写真家だった父・岩合徳光氏の助手として訪れたガラパゴス諸島で動物写真家になることを決意。以来40年以上にわたり、地球上のあらゆる場所で動物を撮り続けている。写真集に木村伊兵衛写真賞を受賞した『海からの手紙』、世界中でベストセラーとなった『おきて』など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やすらぎ 🍀安寧祈願🍀 さん

    カメラ目線の動物たち。人間は見られている!冒頭は嫌われもののハイエナ。岩合さんの解説を読むと愛着を持ちます。可愛い顔。ライオンは断トツ格好いい。ザ・ワイルド!繊細なチーター!…ヒメヤナギランの花畑に寝そべるホッキョクグマ。撮影に夢中で寝そべった背中をペンギンがトコトコ!…野生のパンダ、赤ちゃんを抱く!雪玉で遊ぶニホンザル!…圧巻は車の窓枠から覗くホッキョクグマと目が合った写真。直感で食われる!と車を走らせるも追いかけてくる!ヒトが野生動物に近づくには動物目線になること。自分の森にヒトがいたら逃げるでしょ?

  • くろにゃんこ さん

    海外にも行くんだ・・・猫以外も撮るんだ・・・等と失礼なことを思いながら読みました。知らなかった野生動物の生態、可愛いハイエナ、ライオン・白くま・パンダの親子ショットは凄すぎて呆然・・・感動でした(*^_^*)

  • くぅ さん

    岩合さんの動物愛溢れる一冊。新書として一冊1200円は高い気もするが、野生動物の写真集に動物生体解説までついてると考えたら安い!特に30頁42頁46頁49頁のライオン、76頁の雨の日のチータ、90頁の花畑で寝るしろくま、97頁のしろくまの母子、160頁のオウサマペンギンは観る価値あり!というか見ているだけで幸せになったりドキドキワクワクしたり…心に響く写真。他にもハイエナのハンターとしての才能やオウサマペンギンの左右の足の大きさが違う点など、近くで長時間見た岩合さんだからこその魅力がわかる文章が嬉しい。

  • booklight さん

    何週間も撮影のタイミングを待つ間、イライラしないのかなと思っていたら、アフリカでの車の故障をきっかけに「その日その時であった動物を見て、撮りたいと思ったものを撮っていこう」というふうに考えを切り替えたそうだ。なるほど、だから動物が楽しそうな写真が撮れるんだな。最後にも書いてるように、この本をきっかけにぜひ野生動物のいる自然に触れて、自分が原始にもどったような感覚を味わってほしい、という写真ではなくその世界を伝えたいという思いがよかった。野生動物は、そのきっかけにすぎない。とはいえ写真だけでもかわいいけど。

  • 瀧ながれ さん

    岩合さんの写真+エッセイ、野生動物編。カバーのライオンの子を見るだけで、ふにゃふにゃと力が抜けます。裏は大好きな花畑のなかのホッキョクグマだし、中にも、雪玉を運ぶニホンザルの子の写真があるし、この一冊を眺めているだけでも、カメラマン岩合光昭の魅力があふれます。文を読むと、動物と向き合うことで命の危険を感じる場面が幾度もあったようで、ねこを相手にしている岩合さんからは想像できない、緊張の場なんでしょう。生きててくれて、こんな写真を見せてくれて、ほんとうに嬉しいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

岩合光昭に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品