肖像のエニグマ 新たなイメージ論に向けて

岡田温司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000234498
ISBN 10 : 4000234498
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
追加情報
:
20cm,310p

内容詳細

美しい肖像画が見る者を惹きつけてやまないのはなぜか。レオナルドが描く女性の眼差しと微笑みの秘密、ルネサンスにおける「奇矯で異常なるもの」の系譜学など、肖像をめぐるイメージのドラマとエニグマを探る。

【著者紹介】
岡田温司 : 1954年生まれ。京都大学大学院教授。西洋美術史。訳書・ロンギ『芸術論叢』(監訳)でピーコ・デッラ・ミランドラ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田温司

1954年、広島県三原市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程中退、現在、京都大学人間・環境学研究科教授。専門は西洋美術史、イタリア思想、美学。精神分析理論の祖であるフロイトに見られるイタリアの影響を読む『フロイトのイタリア』(読売文学賞)などの著書が示すように、その研究は独創的で広い。イタリア現

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品