ミメーシスを超えて 美術史の無意識を問う

岡田温司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784326851669
ISBN 10 : 432685166X
フォーマット
出版社
発行年月
2000年05月
日本
追加情報
:
20cm,275,13p

内容詳細

絵の見方、美術の歴史を「父の機能」の一党支配から解放する戦略とは?無意識のイデオロギーを相対化し、主体、トラウマ、メディウムと皮膚、見る・触れる、メタファー/メトニミー等の観点から試行する。

目次 : 第1章 「天才と狂気は紙一重」―ロンブローゾと日本/ 第2章 「私」を表象する―自画像再考/ 第3章 ペストと美術―14世紀のトラウマとその徴候/ 第4章 色彩・タッチ・皮膚―ヴェネツィア絵画を描く手、観る眼差し/ 第5章 「傷」のメトニミー―あるいはカラヴァッジョの“聖トマスの不信”をめぐって

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田温司

1954年、広島県三原市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程中退、現在、京都大学人間・環境学研究科教授。専門は西洋美術史、イタリア思想、美学。精神分析理論の祖であるフロイトに見られるイタリアの影響を読む『フロイトのイタリア』(読売文学賞)などの著書が示すように、その研究は独創的で広い。イタリア現

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品