岡田淳(児童文学作家)

人物・団体ページへ

ヤマダさんの庭

岡田淳(児童文学作家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784776404125
ISBN 10 : 4776404125
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
岡田淳 ,  
追加情報
:
27cm,32p

内容詳細

ヤマダさんは気がつくとひとりぼっちだった。自分の家に庭があることを発見し、散歩してみると…。孤独な毎日を送るヤマダさんが、忘れていた遠い日。不思議に満ちた庭で、自分に巡り合う異色のファンタジー。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ごんたろう さん

    ヤマダさんは孤独。ある日、自宅に庭があることに気づく。庭に出ると人魚ルルがいた。昔、助けたことも、遊んだこともある。記憶を思い出す。昔の縁のある人々と再会する。ライオンはヤマダさんに昔のお礼を言う。物語と現実が混同する。昔やりかけていたことや、やりたかったことを思い出す。おそらく本書は、病床にあってまもなく死を迎える人が、忘れていた記憶をたどる話であろう。人は自分が思うほどには孤独ではない。様々な思いを抱いて生きてきた。きれいに完結して死を迎える人はいない。皆、中途半端なところで終える。なぜか泣けてくる。

  • みさどん さん

    ヤマダさんが、そうだった!〇○してた!と思いだすことが突拍子もない。人魚が出てきたり、相手がライオンだったり、はるか昔のことだったり・・。物事が解決していくと全て丸く収まるのがいい。子どもには、忘れてたのが変ってなる奇妙な話だろうけれど、大人には収束していくおもしろさが残る。大人向けって言っていいかも。

  • けいねこ さん

    ヤマダさんとふしぎな庭のお話。その庭はヤマダさんの封じられた記憶そのもので、ヤマダさん自身、本当は人ではない存在のように思える。停まっていたなにかが動き出す。世界が変わる予感がする。

  • 紅花 さん

    小2と小4にどれだけ伝わるか?と思ったけど、案外伝わるもんだわ。小2息子は人生の逆回転の面白さで読んだような感じ。小4娘は、もともと岡田淳さんのファンでもあるので、何度もページをめくり、読み返していた。何を感じたのかな?私は・・ヤマダさんの失われた時間が気になって、切なくなってしまった。

  • mikipon さん

    絵本だけど大人向けだと思う。一人孤独なヤマダさんが、ふと庭があったことを思い出す。そこで起こる不思議な出来事・・・・そして、今は色々と楽しく忙しいヤマダさん。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品