半七捕物帳 江戸探偵怪異譚 新潮文庫nex

岡本綺堂

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101801735
ISBN 10 : 4101801738
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
261p;16

内容詳細

彼は江戸時代における隠れたシャアロック・ホームズであった―。雪達磨の中から発見された死体。通行人を無差別に殺し続ける“槍突き”。江戸の難事件に立ち向かうは、神田三河町に居を構える岡っ引・半七。殺人、怪異、怪談。彼の推理はすべての不可思議に真実の光を当てる。今なお古びない捕物帳の嚆矢にして、和製探偵小説の幕開け。全六十九編の中から宮部みゆきが選んだ傑作集。

【著者紹介】
岡本綺堂 : 1872‐1939。東京生れ。元御家人の英国公使館書記を父として生まれる。新聞記者として働きながら戯曲の執筆を始め、1911(明治44)年、『修禅寺物語』が出世作となる。他に『鳥辺山心中』『番町皿屋敷』など、生涯に196篇の戯曲を残す。コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズに着想を得て執筆を開始した「半七捕物帳」は、後の「捕物帳」の嚆矢となり、多くの作家に影響を与えた

宮部みゆき : 1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。’99年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、’02年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    図書館の新刊コーナーで見つけて、宮部みゆきセレクトなので読みました。100年程前に書かれた割には古臭さを感じずサラリと読みました。但し、あまり半七捕物帳の世界観には入り込めませんでした。オススメは、『槍突き』&『津の国屋』です。

  • sin さん

    日常ならざる犯罪の傍らに、江戸庶民の営みが見えてくる。そのうえ綺堂の文章のなんとキリッと男前な歯切れの良いことか、改めて惚れ惚れとしながら読んだ。編者の作品のセレクトも良い、良いのだが敢えて言わして貰うと副題の“江戸探偵怪異譚”とあるのは外連味が過ぎていただけない。ましてや少女漫画誌の様な表紙で出版社の“売りたい”が興を削ぐ…とは云っても、これで綺堂の読者の層が拡がれば御の字である。

  • サケ太 さん

    明治の世で、かつて江戸の岡っ引として様々な事件に関わった半七老人の回想という形で綴られる時代小説ミステリー。読みやすい短編ばかり。再編集ということで読みやすさも抜群なのでおすすめ。

  • ホシナーたかはし さん

    半七含め、登場人物の所作も文章も、全てひっくるめて粋な、幕末の捕物帳。TVドラマに同じタイトルのものがあって見たことはありませんが、その原作?

  • TSUBASA さん

    江戸時代に岡っ引きとして活躍した半七が、昔起こった奇怪な事件とその解決を語る。時代小説+探偵小説である捕物帳の原点は半七親分なのね。探偵部分はアッと驚く、というほどのトリックでもなかったけど、奇々怪々な事件を怪談に結びつけて語られる部分が好き。選ばれてる作品は宮部みゆき編ということでとっつきやすさはあると思う。良かったのは、武家に嫁いだ女とその娘が濡れ女の幽霊に脅かされる『お文の魂』。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡本綺堂

1872‐1939。東京生れ。元御家人の英国公使館書記を父として生まれる。新聞記者として働きながら戯曲の執筆を始め、1911(明治44)年、『修禅寺物語』が出世作となる。他に『鳥辺山心中』『番町皿屋敷』など、生涯に196篇の戯曲を残す。コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズに着想を得て執筆

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品