為家卿集/瓊玉和歌集/伏見院御集 和歌文学大系

山本啓介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784625424151
ISBN 10 : 4625424151
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
464p;23

内容詳細

「明けわたる外山の桜夜のほどに花咲きぬらしかかる白雲 為家」―巨匠定家の衣鉢を継いで中世和歌山の道統を守った晩成の歌人藤原為家の『為家卿集』、鎌倉幕府の宮将軍として迎えられながら後にその座を追われた悲運の鎌倉中書王宗尊親王の『瓊玉和歌集』、両統迭立時代の持明院統の天皇で京極派和歌に傾倒した伏見院の『伏見院御集』(部分)の三集に詳細な新注を加える。

目次 : 本文(為家卿集/ 瓊玉和歌集/ 伏見院御集)/ 解説(『為家卿集』と藤原為家/ 宗尊親王と『瓊玉和歌集』/ 伏見院と『伏見院御集』)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山本啓介

1974年、神奈川県生まれ。青山学院大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、青山学院大学文学部准教授。専攻、中世和歌・連歌(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品