指先からソーダ 河出文庫

山崎ナオコーラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309410357
ISBN 10 : 4309410359
フォーマット
出版社
発行年月
2010年08月
日本
追加情報
:
15cm,245p

内容詳細

けん玉が上手かったあいつとの別れ、誕生日に自腹で食べた高級寿司体験、本が“逃げ場”だった子供の頃のこと…朝日新聞の連載で話題になったエッセイのほか、「受賞の言葉」や書評も収録。魅力全開の、初エッセイ集。

目次 : 1 指先からソーダ(父の「退職願」/ 伝わらなくてもいいんだ/ シロップをこぼした場合の処置法 ほか)/ 2 アイスカフェモカショートサイズ(俵万智著『プーさんの鼻』書評/ 小島信夫著『残光』書評/ 金子光晴著『流浪―金子光晴エッセイ・コレクション』解説)/ 3 硬くて透明な飴(受賞の言葉/ あるがままのドロップ/ 小説への旅 ほか)

【著者紹介】
山崎ナオコーラ : 1978年、福岡県生まれ。2004年、会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ユメ さん

    山崎ナオコーラさんのエッセイは『かわいい夫』がとてもよかったので、旅先でこの本を見つけて嬉しくなり、迷わず購入した。これは私が読者として勝手に感じていることなのだけれど、ナオコーラさんは自分と考え方が似ている。生きていくうえでの悩みの方向性であるとか、世間の価値観とのズレによる葛藤であるとか、ささやかな幸福のポイントであるとか。私が日々ぼんやりと感じているそれらの事柄を、ナオコーラさんは遥かに深く考え抜いて繊細な言葉で文学に昇華してくれるので、読んでいてページを捲る指先が痺れ、ソーダの泡が立ち上る。

  • ゆか さん

    一つ一つが短いエッセイ集。本当に小説家になりたくてなった人なんだという事が会話の端々から感じられます。そして、言葉を大切にしている人なんだなぁ〜と。難しい内容はなく、思った言葉をそのまま綴っているので、読みやすかったです。

  • りいこ さん

    ナオコーラさんは真面目な人なんだろうなと思った。 笑えるようなエッセイばかり読んできたので、そういう意味では物足りなかったけれど、書くということに真っ直ぐに向き合っている姿には好感が持てたし、たまにグッと来るエピソードが散りばめられていて結果良かった。 生きていることが苦しくて読書を好きになった、なんて、私とおんなじだ。

  • masa@レビューお休み中 さん

    エッセイも、山崎ナオコーラにかかると、エッセイではなくなってしまう。物語のような不思議な感じで、その先に触れてしまいたくなる。でも、きっときっと指先がその先に触れたら、ソーダの泡のようにシュワシュワとかき消えてしまうんだろうなぁ。わずか数頁のエッセイは、彼女の探究の場であり、情熱の欠片であり、創作の源泉でもある。ひとつのお話がすごく短いので、電車の中とか、ちょっと時間が空いたときに読めるのもいい。そんな手軽さも、山崎ナオコーラ的ですごく好きだなぁ。読めば読むほど好きになる。

  • あんこ さん

    作家さんによってエッセイの書き方が色々で面白い。ナオコーラさんのはひとつひとつが短くて詩のようでした。マンドリンサークルの小説は以前読んだ時あまり好きになれなかったのですが、最近読んだものがおもしろくて気になっていました。一見クールなかんじの人かと思っていたら、小説と読者に対しての愛がすごく伝わってきました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山崎ナオコーラ

生まれは、1978年。國學院大學文学部日本文学科卒業。2004年に「人のセックスを笑うな」で文藝賞を受賞して作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品