火を焚きなさい 山尾三省の詩のことば

山尾三省

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787718877
ISBN 10 : 4787718878
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

目次 : 1(火を焚きなさい/ 漫画 Make the Fire(原作=山尾三省 翻案・作画=nakaban))/ 2(沈黙/ 日と月 ほか)/ 3(歌のまこと/ 夕日 ほか)/ 4(山桜/ 新月 ほか)/ 5(森の家)/ 6(山に住んでいると/ 石 ほか)

【著者紹介】
山尾三省 : 1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73〜74年、インド・ネパールの聖地を一年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ さん

    表題「火を焚きなさい」子どもへの語りかけも、作画nakabanの版画もいい。「食パンの歌―太郎に―」にある「人間はお金を稼ぐために生きてはいけないという理想を命からがらで考えもし実行すること」のために東京から屋久島に移り住んだ。「月夜」「夕日」「静かさについて」「山に住んでいると」その情景が浮かぶ。原発をなくすことが願いと遺言に残した。「ひとつの夏」あの原爆の夏を忘れない。詩のことばが生き方そのもの。「僕は幸福という言葉の前にむしろ悲しむ。真理という言葉の前に深く心が震える。僕は百姓となり、詩人になった」

  • Sakie さん

    社会の役に立ちたいのと同じくらい、山に引きこもって自然と対峙しながら生きていきたい願望が私にはある。人間の野生に従い、自然の恵みに祈りを捧げながら、静かに生きる。そんな暮らしを極端に具現した山尾三省の言葉には地面にずっしりと根を張った力がある。読む者を圧倒し、共振させ、空を見上げさせる。詩とは、私はそのようなものであってほしい。現代社会を『悪い時代』と厭う詩は、あんまり好きじゃない。人の美しい営みを詠ってほしい。気に入ったのは、夜中に独りで焼酎を飲みながら、鹿の鳴き声を聴く詩。クィーオウ クィーオウ。

  • チェアー さん

    土のアナキストともいうべき詩人。都会に出た長男に贈る詩で、食パンをみすぼらしいとか汚らしいとか思うようになったら、それはひとつの思想が死んだときだ、と言い放つ父。都会やカネが支配する社会に対する嫌悪、土や木、川、海に対するあこがれ、できれば同化したいという願望を強く感じる。こういう詩を嫌うようになった時、わたしのなかで何かが死んだときなのかもしれない。

  • sagaway8 さん

    装丁だけで購入を決めた詩集だったが買って良かった、読んで良かった。様々な分野で技術が進歩して暮らしやすくなっている一方で、何かに追われ続けているような感覚を持ち続けている。仕事に追われ、時間に追われ、人と競う。何のために?地球を蝕んででも得るべきものなのだろうか?自然との共生の道を求めて、一見不便と思える暮らし(それが当たり前の時代は確かに存在した)の中に、本当の豊かな暮らしがあることを詩を通して語り続けた著者の生き様に心から敬服する。

  • kentaro mori さん

    こんな詩人、生活人がいたとは知らなかった。人類学に興味のある今出会えた必然。平易だが、豊かすぎるほど豊か。⚫️森は/土と樹々をかかえて/沈黙しつつ 生きている/人は その森に帰る/森は/ひとつの大きな闇であり/慈悲である/人は そこに帰る/森のそこには/水が流れている/その水もまた 森である/人は そこに帰る その森に帰る

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山尾三省

1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73年〜74年、インド・ネパールの聖地を一年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品