火を焚きなさい 山尾三省の詩のことば

山尾三省

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787718877
ISBN 10 : 4787718878
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

目次 : 1(火を焚きなさい/ 漫画 Make the Fire(原作=山尾三省 翻案・作画=nakaban))/ 2(沈黙/ 日と月 ほか)/ 3(歌のまこと/ 夕日 ほか)/ 4(山桜/ 新月 ほか)/ 5(森の家)/ 6(山に住んでいると/ 石 ほか)

【著者紹介】
山尾三省 : 1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73〜74年、インド・ネパールの聖地を一年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sagaway8 さん

    装丁だけで購入を決めた詩集だったが買って良かった、読んで良かった。様々な分野で技術が進歩して暮らしやすくなっている一方で、何かに追われ続けているような感覚を持ち続けている。仕事に追われ、時間に追われ、人と競う。何のために?地球を蝕んででも得るべきものなのだろうか?自然との共生の道を求めて、一見不便と思える暮らし(それが当たり前の時代は確かに存在した)の中に、本当の豊かな暮らしがあることを詩を通して語り続けた著者の生き様に心から敬服する。

  • つくえくん さん

    土のアナキストともいうべき詩人。都会に出た長男に贈る詩で、食パンをみすぼらしいとか汚らしいとか思うようになったら、それはひとつの思想が死んだときだ、と言い放つ父。都会やカネが支配する社会に対する嫌悪、土や木、川、海に対するあこがれ、できれば同化したいという願望を強く感じる。こういう詩を嫌うようになった時、わたしのなかで何かが死んだときなのかもしれない。

  • kentaro mori さん

    こんな詩人、生活人がいたとは知らなかった。人類学に興味のある今出会えた必然。平易だが、豊かすぎるほど豊か。⚫️森は/土と樹々をかかえて/沈黙しつつ 生きている/人は その森に帰る/森は/ひとつの大きな闇であり/慈悲である/人は そこに帰る/森のそこには/水が流れている/その水もまた 森である/人は そこに帰る その森に帰る

  • TOMYTOMY さん

    森と共に畑とともに詩が始まる。

  • Tsubasa Kato さん

    「時代の人は 明るい幸福の道を 行きなさい 僕は それとは根本的に 少しだけちがう 真理の道を 静かに歩いて行くつもりだ」(82-83) 火を焚きなさい 夢起こし じゃがいも畑で 食パンの歌 一日暮らし ゆっくり歩く

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山尾三省

1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73〜74年、インド・ネパールの聖地を一年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品