天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 扶桑社新書

山口真由

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594079215
ISBN 10 : 4594079210
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
追加情報
:
239p;18

内容詳細

東大首席→財務官僚→弁護士→ハーバード留学。この経歴を作った誰でもできる37のメソッド。普通の人に天才的な成果をもたらす“科学的根性論”の神髄。

目次 : 第1章 正しい努力のための方法論(なぜ人は努力することができないのか?/ 不得意分野の努力はやめるべき ほか)/ 第2章 努力を始めるための方法論(謙虚になるということは/ 教本は1冊にこだわる ほか)/ 第3章 努力を続けるための方法論(谷選手とお蝶夫人の名言/ なぜ人は一生懸命選んだ手帳を1か月で使わなくなるのか ほか)/ 第4章 努力を完遂するための方法論(とりあえず早起きしてみる/ 「勝負スポット」を複数作る ほか)

【著者紹介】
山口真由 : 1983年、札幌市生まれ。2006年に東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省。2009年から2015年まで弁護士として法律事務所に勤務。2016年にハーバード大学ロースクールを修了し、ニューヨーク州弁護士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • p.ntsk@【春を感じよう 読書会】 さん

    著者は東大を首席で卒業、在学中に司法試験と国家公務員一種に合格し財務省を経て弁護士となりその後ハーバードに留学し現在タレントとしてテレビにも出演している。その著者の努力についての考え方や努力するための具体的な方法論などが縷々述べられている。努力することに対するストイックさはハンパない。何よりいいことや当たり前と思うことも言っているがそれを徹底して実践し結果や実績に結びつけているところがすごい。

  • 那由田 忠 さん

    あまり読まれていないのが残念。これは、ある意味ノウハウの明確さに圧倒される。やはり「天才」のように思われる人は大半が、アインシュタインのような脳の構造から違う真の天才を除いて、努力を延々と続けてきたのに違いないと思う。もちろん、自分の得意分野を見つけてそこに力を注ぎ込むという方法である。全てが納得できるノウハウではないかもしれないけれど、大半が納得できた。その意味で中学高校生、若者にぜひ読んでほしいと思った。

  • 上田伊織 さん

    山口真由さんの本は初めてです。 ・朝のタイムリミット ・宇都出さんの速読法と似た話 ・基本書の選び方 が印象的でした。 学者の仕事は、通説より自説のほうがいかに合理的であるかを主張することである、自説がある時点で網羅性は犠牲にされ記述には偏りが生まれる。 そういった理由から、何かの分野について学ぶときの基本書は、学者が書いたものを避けたほうが良い。 という話はなるほど!と思いました。 自分は“努力”を努力と思わない、周りからはめちゃくちゃ努力しているように見える。 そんな状態を目指していきたいですね。

  • suite さん

    ひたすら共感。努力を具体に落としこもうと思った発想に、彼女の地頭のよさをものすごく感じる(と言ったらご本人に怒られてしまうやもしれぬが……)

  • mami.s さん

    テレビ番組で見て気になったので読んでみた。上位1/3で良いこと。基本書は1冊。その1冊を繰り返し使う。とかいろいろ書いてあるけど、この方は努力の天才なんだと思う。特に『7回繰り返す』はやってみようと思って試み中。頑張ることは出来るけど継続が難しいのよね。それが1番大切なんだけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山口真由

1983年北海道生まれ。2002年東京大学法学部入学。在学中3年生時に司法試験合格。4年生時に国家公務員1種試験合格。2006年東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省し、主に国際課税を含む租税政策に従事する。その後、日本での弁護士経験を経て、ハーバード・ロースクールに留学、修了し、ニューヨーク州

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品