フィールドで出会う哺乳動物観察ガイド 生態写真でわかる探し方や見わけ方のポイント

山口喜盛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416616390
ISBN 10 : 4416616392
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
207p;21

内容詳細

本書は、フィールドで出会う哺乳動物を多くの貴重な生態写真で紹介しています。また、その見わけ方や観察のポイント、動物たちが残したフィールドサインについて詳しく解説しています。動物の探し方や観察の心得も学べるため、実際のフィールドで役立つ一冊です。

目次 : 食虫目/ 翼手目/ 霊長目/ 齧歯目/ 兎目/ 食肉目/ 偶蹄目

【著者紹介】
山口喜盛 : 1959年生まれ。神奈川県立生命の星・地球博物館外来研究員、環境省自然公園指導員、神奈川県野生鳥獣保護観察指導員、日本哺乳類学会会員、丹沢大山国定公園のビジターセンターでは、館長、学芸員として勤務。ウェブサイト「ワイルドライフミュージアム」で日本の野生動物を紹介している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アナクマ さん

    基礎データ量はコンパクト図鑑の類いと同程度かなと思いますが、観察ガイドとして、自然下での行動や食べ跡・フンなど、生態写真とフィールドサインに力点をおいた、眺めて楽しい本。この国の野山にはこういう生き物がいるのだなあと、被写体が身近に感じられてきます。それにしても、直接観察は何にもまさる教科書。◉観察の心得「クマ出没注意の看板があったら、期待するとともに注意しよう」はご愛嬌。欲を言えば、イタチの写真がもう少し欲しい。

  • 鯖 さん

    フィールドというだけあって、樹皮に残された爪痕、食べ残し、肉や植物、虫など食べたもの別のフンの写真まで網羅された力作。ツシマヤマネコのもっふもふのしっぽが可愛い。カヤネズミのススキに作られた宙に浮かぶ巣がかわいい。カモシカは眼窩腺、あれ、あんなとこからじゅくじゅくへろもん出続けたら、生きるのしんどいだろうなあ…。この中の幾種類の動物とフィールドで実際に出会ったことがあるかと考えると、かなり複雑な気持ちになる。タヌキとキタキツネはあるんだけども。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品