製靴書 ビスポーク・シューメイキング オーダーからその製作技術と哲学まで

山口千尋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416516652
ISBN 10 : 4416516657
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
追加情報
:
223p;26

内容詳細

日本における革靴の歴史はおよそ150年。ヨーロッパからその製法が伝わって現在まで、高級革靴とされるものは職人の手から生み出されています。この工芸品ともいえる革靴は、どのような工程・哲学で生み出されているのか。革靴ファンや革靴職人のみならず、「ものづくり」に関わるすべての方にとって、非常に興味深い内容でしょう。本書では、日本最高峰のシューメーカー「Guild of Crafts」の代表であるとともに、革靴の本場イギリスで「マスタークラフツメン」の資格を授与された山口千尋氏が、その哲学とともに革靴作りの一連の工程を紹介します。さらに、革靴職人ならではの革靴のメンテナンス法、基礎知識、分類なども収録した、革靴ファンが知りたい内容を網羅した決定版的一冊です。

目次 : 第1章 ビスポーク靴のすすめ/ 第2章 革靴を履くための「足」について知る/ 第3章 革靴を知る(クラシック紳士靴の近代史/ 革靴のデザイン/ 素材を知る)/ 第4章 ビスポーク靴ができるまで(Tools(道具)/ Clothing アッパーの縫製/ Making ラスティングとウェルティング/ Bottoming 底付け/ Ironing こて当て/ Finishing 仕上げ)/ 第5章 革靴と長くつき合うために(Maintenance(メンテナンス))

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • プケコ さん

    11月の神保町ブックフェスティバルで購入。革靴の作りかた(測定→木型の作成→革の裁断→…)が丁寧に書いてあって面白い。「言の葉の庭」のタカオくんもこんなことしてたのかぁ、と関心します。 これだけこだわって作られているのなら、高い靴が10万20万してしまうのも納得してしまう

  • alisoviejos-19319 さん

    タイトル通り

  • こぴた さん

    分解してみると部品多いなあ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品