山中千尋
新商品あり

山中千尋 プロフィール

山中千尋 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

山中千尋

【プロフィール】 山中 千尋 (やまなか ちひろ) ピアニスト 米バークリー音楽院を首席で卒業。在学中よりナンシー・ウィルソン、ジョージ・ベンソンやジョージ・ラッセルら数多くのビッグネームと共演を重ね、IAJEシスターズ・イン・ジャズコンペティション優勝やダウンビート誌アウトスタンディング賞など幾多の賞を受賞。 2001年10月にジャズピアノの名門レーベル「澤野工房」から第1作『Living Without Friday』を発表、直後に大手CDショップのジャズ・チャートで一躍トップ・セールスをマークし、新人としては異例のデビューをかざる。2002年12月にニューヨークの若手トップミュージシャンを従えた第2作『When October Goes』をリリース。再び、ジャズ・チャート初登場第1位の絶賛を受ける。 日本でのライブ活動も本格化し、2003年初頭に行なった「山中千尋 ニューヨーク・トリオ ツアー2003」の模様を伝えたTVドキュメンタリ「情熱大陸」(MBS系 2003年3月放送)で、その国際的な活動をさらに広く知らしめることとなった。 2003年8月には日本公演を収録したDVD『Leaning Forward』を発表。その演奏と映像のクオリティの高さから、ポップスを含む全ジャンルのDVDチャートでベストテン内に初登場ランクインした。 2003年暮れの来日ツアーの後、2004年1月には米NBCラジオ、カーネギーホールへ出演。5月には1年半ぶり、第3作目『Madrigal』を発表。前作同様ジャズ・チャート初登場1位を奪取。さらには大手CDショップにおいては全ジャンルの売り上げベスト10にランクイン。発売と同時に「ツアー 2004〜Madrigal」を全国7カ所で開催。さらに8月には「サマーツアー2004〜Madrigal」、12月には「ウインターツアー2004〜Madrigal」公演で再来日し、全国で大反響を得た。 2005年1月にユニバーサル ジャズ&クラシックスと契約。5月に移籍第一作となる新作アルバムをレコーディング、秋に発表の予定。8月に開催される「東京JAZZ2005」に自己のトリオで出演、移籍後初のライブパフォーマンスを披露する。 <Discography> (CD) 『Living Without Friday』(澤野工房 AS016) 2001.10.8リリース ・HMV週間チャート(モダンジャズ):最高位 第1位(4週連続) 『When October Goes』(澤野工房 AS025) 2002.12.8リリース ・HMV週間チャート(モダンジャズ):最高位 第1位(初登場第1位、4週連続) ・HMV年間チャート(モダンジャズ):33週連続 第1位 ・HMV Jazz Awards 2003: 「HMV大賞」、「ベスト・ジャパニーズ・ジャズ・アルバム賞」 2部門受賞 (DVD) 『Leaning Forward』(澤野工房 SDV002) 2003.8.2リリース ・HMVミュージックビデオチャート(全ジャンル) 初登場5位 <主な受賞暦> 2000年 ・シスターズ・イン・ジャズ国際コンクール 優勝 ・米ジャズ専門誌 ダウンビート主催「アウト・スタンディング・アワード」受賞 2001年  文化庁派遣 芸術家在外研修員 <主な共演者> ジョージ・ラッセル(arr)、ゲイリー・バートン(vib)、ジョージ・ベンソン(g)、ナンシー・ウィルソン(vo) ダイアン・シューア(vo)、エド・シグペン(ds)、ボブ・ブルックマイヤー(tb)、テリ・リン・キャリントン(ds) シンディ・ブラックマン(ds)、ジェームズ・ムーディ(sax)、ドナルド・ハリソン(sax)、スティーブ・ターレ(tb) ジョージ・ロバーノ(ts)、TSモンク(ds)、レイ・ブラウン(b)、他 (ユニヴァーサル・ミュージック資料より 2005.7)

%%message%%