金継ぎ一年生 本漆で、やきもの、ガラス、漆器まで直します

山中俊彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579211524
ISBN 10 : 4579211529
フォーマット
出版社
発行年月
2012年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
79p;26

内容詳細

目次 : 図解 金継ぎの方程式/ 1 陶器/ 2 磁器/ 3 木工品/ 4 ガラス/ 金継ぎQ&A

【著者紹介】
山中俊彦 : 1947年、奈良県生れ。専門学校でグラフィックデザインを学び、都市計画などにも関わりながら、木工の仕事に入る。正倉院御物を手本にしながら、独学で木象嵌の手法を習得。素材の木はもとより、漆や金箔などの扱いに通じていることから、やがて修理の仕事も多数手がけるようになる。本漆を使っての金継ぎ講座は、現在、奈良のほかに鎌倉でも開いている。日本工芸会正会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壮の字 さん

    信楽焼「ふくろう」の傘立てを倒して割ってしまった。5年間も「しあわせ」を運びつづけてくれた守り神なのだ、どうにも名残り惜しい。ふと司馬リョー短編の記憶がよぎる。主人公・古田織部が自分で割った茶器を漆(うるし)で継いで、値をふっかけてボロ儲けする一幕があった。ふんだんに金を蒔(ま)いた。面白そうだ、やってみようか....。織部はすべて漆でくっつけてたが、本書では強度を重視して接着剤を使う。本漆で覆って有害物資が露出しないようにする。傘立ての地が明るいグレーなので、漆の朱のままでも風情があるかもしれない。

  • 森 さん

    図書館で借りた。ザックリ読み。割れた皿があり金継ぎを試して見る予定。金継ぎ関係2冊ほど読んだが、やり方が異なる。山中方式(エポキシと漆の併用)が良さそうです。

  • nagatori(ちゅり)。 さん

    今ちょうど直したい器があったので、購入しようかどうしようか迷って、お試しに借りてきた図書館本。簡便に出来るところはして、口に触れる所等の仕上げはきっちり上質なもので、とメリハリを効かせた工程が実用的で良い感じ。購入しようかなぁ…本文とは全く関係ないが、昔愛読していた『季刊 銀花』という雑誌が2010年に休刊となっていた事を後書きで知った(;_;)ショック!

  • Koning さん

    金継ぎ自体は見よう見まねでいくつかやってきたのだけれど、この本で紹介されているのがまさかのエポキシ樹脂系接着剤も使う!という目から鱗な方法でした。その上から漆なら確かに強度も漆だけのとき以上にしっかりついて実用に耐えられる修理になる!と。ええ、今ちょうどやっとります(笑

  • なにぬねのんたん(*^_^*) さん

    金継ぎの講習を受けているので、理論を補うために借りてみた。欠けは木片や木くずで埋めるんだけど、パテでもできるとな。やってみたい。この本、再読する!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品