バクマン。 16 ジャンプコミックス

小畑健

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088703169
ISBN 10 : 4088703162
フォーマット
出版社
発行年月
2012年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:

内容詳細

アンケートで10週連続1位を獲れば嫌いなマンガを終わらせる。エイジの急な発言で編集部に衝撃が走る! 話を聞いた最高達も打倒「天才」を掲げ、1位奪取へ動き出す!! はたしてエイジが終わらせたいマンガとは!?

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
新妻エイジが、二巻で宣言した「嫌いなマン...

投稿日:2013/01/07 (月)

新妻エイジが、二巻で宣言した「嫌いなマンガを終わらせる権限」を行使できるところまで上り詰めた本巻。週刊少年ジャンプに連載されている、十週連続(最終的には二十週連続)アンケート一位の作品を終わらせるとは、自虐というか皮肉というか…。 アンケートの動向により方向転換を余儀なくされるので最初から細密な長期構想はないだろうが最終回については、イメージの濃淡はあるにせよ作者の頭の中に存在し、そのゴールに向かって物語を紡いでいるはずだ。しかし作者がそこに飛び込みたいと思っても、商業誌の宿命として人気作品を簡単に終わらせるわけにはいかず、悪名高き「引き延ばし」が始まる。執拗な深掘りや過剰な描写はテンポの悪さを生み、安易な新エピソード挿入は過去はもちろん最終回を見据えた未来の整合性を崩壊させる原因となり結果的に、魅力が低下してしまう場合が多い。 作者がモチベーションを維持し、読者が途中からでも買い集めることが可能で、何度も最初から読み直そうという気持ちになり、そして一人でも多くの読者と感動の最終回を共有するためには、十年を越す連載期間は長すぎるように思える。もちろん次作や新連載がヒットする保証はどこにもないが、好きな作品が朽ちていく様子はできれば見たくない。 そんなわけで、なるべく早く「ひとつなぎの大秘宝」に到達して欲しいものだ。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
漫画にしては文字が多いので読むのに時間が...

投稿日:2012/01/16 (月)

漫画にしては文字が多いので読むのに時間がかかります。

asaasa さん | 所在地 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • エンブレムT さん

    漫画に全てをかけてる度でいったら、NO.1は間違いなくエイジだよなぁ・・・と、しみじみ思ってしまった16巻。そんなわけで、なんだかんだとリア充な秋人や、亜豆と結婚するという違う目標をもった最高なんかには負けて欲しくない!と、主人公を向こうに回し迷うことなくエイジを応援してしまいましたwwwそれにしても、編集部を巻き込んだ福田組の人気争奪バトルはホント面白かったです〜♪後半は、なんかまたわかりやすい悪役が出てきましたが・・・。次巻はワクワク度は期待できないかな?そしたらまた平丸さんに癒しを求めようっと(笑)

  • masa@レビューお休み中 さん

    一難去ってまた一難。ここにきて、エイジが人気投票1位を死守するようになる。それは、デビュー当時編集長に「嫌いなマンガを終わらせる権限が欲しい」と言ったことが引き金となっているのだ。本人はいたって真剣だが、担当は動揺し、なぜだか福田組も召集がかかり、全員集合となる。この巻好きだなぁ。天才が勝つか、亜城木たちライバルが勝つか!またしても、マンガでのバトルですね〜。悪役がいなくても、十分面白い。ほんと、エイジはいい奴で面白くて、好きなキャラですね。ほのぼのしたのも束の間…またしても最後に不穏な動きが出てきます。

  • mitei さん

    今回は唐突にエイジが言いだした感があったがクロウを作者側が切れるのも羨ましい話だなと思った。しかしエイジにサイコーとシュージンが今まで一度しか勝ててないのが残念。

  • kanon さん

    この漫画は一巻一巻のネタが豊富すぎて感想を書くのにいつも苦労するんだよなあ。まあ、その内容濃密な感じが堪らないんだけれどwまず、エイジの、”本当に面白い漫画を読者に提供したい”、という精神に感服です。なんか、この、人気絶頂の時に連載終了っていうのを聞いて、「幽☆幽☆白書」が思い浮かんだ。やはり読者側からすればまだ続けてほしい、と思うけれど、いずれこの漫画最高だったな〜って思うようになるから。岩瀬も可愛そう。でも実力の世界。昔の作家さん、新人として来るのは良いと思うけれど自分の力で来て欲しい。次巻も期待。

  • ゼロ さん

    新妻エイジが「CROW」の人気No.1を維持しながら、最終回をしたいと編集長と話し合う。新妻エイジは、一度でも一位の座から外れたら連載を続けるという。打倒新妻エイジに向けて、各連載陣が力を入れて漫画を書く展開は、少年漫画らしい。結果的には、新妻エイジがそのまま最終回を迎えたが、作品としては余計な引き伸ばしをせず、綺麗に終わらすことができたのなら良かったのではないか。また終盤で、ベテランが読切を持ち込みする。裏に誰かいる気配がするが、はたして。まだまだ亜城木夢叶の夢は叶っていないし、一波乱あるのか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

小畑健に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド