求愛・性行動と脳の性分化 愛 ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ

小林牧人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784785351175
ISBN 10 : 4785351179
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
130p;21

内容詳細

ナマコやキンギョの産卵、サケ科の回遊、イモリの抱接、カエルの鳴き声、鳥のさえずり・求愛ダンス、ラットの誘惑行動…内分泌から見た生物はこんなに面白い!

目次 : 1 序論/ 2 魚類の性行動とホルモン/ 3 両生類の求愛・性行動とホルモン/ 4 鳥類の性行動とホルモン/ 5 齧歯類の性行動と脳の性分化/ 6 ヒトにおける求愛・性行動と脳の性/ 7 棘皮動物の産卵行動

【著者紹介】
小林牧人 : 1956年東京都に生まれる。1986年東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。農学博士。現在、国際基督教大学教養学部教授。専門は魚類行動生理学

小澤一史 : 1958年群馬県に生まれる。1984年東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。現在、日本医科大学大学院医学研究科教授。専門は神経内分泌学・神経解剖学

棟方有宗 : 1972年東京都に生まれる。2000年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。博士(農学)。現在、宮城教育大学教育学部准教授。専門は魚類行動生理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林牧人

1956年生。東京大学農学部水産学科卒、同大学院博士課程修了。カナダ・アルバータ大学研究員、東京大学農学部水産学科助手・助教授、国際基督教大学准教授・教授。農学博士。現在国際基督教大学特任教授。専門:魚類生理学、行動学、保全学、環境科学。日本動物学会奨励賞、日本水産学会進歩賞、日本水産学会論文賞受賞

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品