黒澤明という時代 文春文庫

小林信彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167256296
ISBN 10 : 4167256290
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
追加情報
:
303p 15cm(A6)

内容詳細

“世界のクロサワ”の全作品を、戦時中からリアルタイムで見続けてきた著者が描く、名監督の栄光と挫折、喜びと苦悩。そこには、時代と格闘した映画作家としての黒澤明がいた―。『姿三四郎』『生きる』『七人の侍』から晩年の作品まで、最もストイックでヴィヴィッドな視線を投げかける、小林信彦の黒澤論。

目次 : 「姿三四郎」で戦時下に登場/ 「一番美しく」と「續姿三四郎」/ 民主主義って何だ?―「虎の尾を踏む男達」と「わが青春に悔なし」/ 「素晴らしき日曜日」と無名の新人/ 「酔いどれ天使」―同時代性の衝撃/ 「静かなる決闘」と「野良犬」の陶酔/ 「醜聞」、「羅生門」と宮川一夫/ 幻の秀作「白痴」/ 余裕と話術の傑作「生きる」/ 「七人の侍」の明暗〔ほか〕

【著者紹介】
小林信彦 : 昭和7(1932)年、東京生れ。早稲田大学文学部英文科卒業。翻訳雑誌編集長から作家になる。昭和48(1973)年、「日本の喜劇人」で芸術選奨新人賞受賞。平成18(2006)年、「うらなり」で第54回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • thayami さん

    作品を通した黒澤像と時代背景。撮り方・脚本に垣間見る先見性とメッセージ性が、洋画界へも影響。検閲で放映中止、シーン・カットなども氏のメッセージ性と反骨心故。興味深いのが、邦画・洋画の関連性。唯々、著者の着眼点に敬服。一方、何時の時代でも悩みどころの「芸術vs.興行力」。妥協か時代の流れかは一概に言えないが、黒澤氏も通った苦悩の道。絵画的で静的世界に沈むとは辛らつかもしれないが、客観的な専門家の視点かもしれない。ちなみに印象的な作品は『酔いどれ天使』。戦後復興への氏の想いを感じた記憶がある。

  • 日本のヘンリー王子・寺さん さん

    小林信彦のこういう本ならば、もう面白いに決まっている。黒澤映画全30本中6本(『姿三四郎』『虎の尾を踏む男達』『羅生門』『七人の侍』『用心棒』『影武者』)しか見てない私だが、これを読むと『生きる』や『天国と地獄』が見たくなる。時系列に全作品と背景を語るのだが、分析も明快。映画が苦手な私も映画好きが羨ましくなる。要するにかつて面白かった人がつまらなくなる過程なのだが、どんな表現者も衰えるというのは切ない真理。仕方ない。

  • 夜のおんな さん

    何故クロサワの映画は面白くなくなったのか?という疑問に言及できるのは著者ぐらいしかいないのではないか。

  • やいとや さん

    「時代」という小林信彦ならではのタイトルで、黒澤論とか、背景事情ではなく、やはり小林信彦の「その時代空気」のエッセイだ。小林信彦が昭和と平成を生きていてくれることは、ご当人には不本意かも知れないけど、我々にとって得がたい幸福であると実感するばかりだ。黒澤映画をリアルタイムで追いかけた幸せが羨ましい。小林作品やエッセイによく出てくる東宝NY支社の方が多分先日亡くなられた。ご冥福を。

  • ohashi さん

    小林信彦さんの文はとても面白くて分かりやすくて、力強い。黒澤作品の解説なのに物語を読むように感情移入できる。すぐれた文章は快を呼び覚ましてしまう。これは、氏が読書や映画鑑賞など含めて、いつも、取っ組み合いのように懸命に時を生きたからと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林信彦

昭和7年東京生。主著「日本の喜劇人」(1972年芸術選奨新人賞)、「うらなり」(2006年菊池寛賞)他多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品