百鬼夜行絵巻の謎 集英社新書ヴィジュアル版

小松和彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204728
ISBN 10 : 4087204723
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
追加情報
:
18cm,254p

商品説明

新発見の絵巻をオールカラーで本邦初公開!
2007年夏、それまでの定説を完全に覆す画期的な絵巻が発見される。そして著者は、内外に知られる「百鬼夜行絵巻」すべてを精査し、その成立と系統の謎を解明していく。宮部みゆき氏推薦!

内容詳細

二〇〇七年七月、画期的な絵巻「百鬼ノ図」が発見される。この新発見の絵巻の登場によって“謎”だらけといわれてきた百鬼夜行絵巻のミステリーが一気に解け、これまでの定説は完全にくつがえることになったのである。著者は、国内外にある百鬼夜行絵巻の伝本六十余の画像をすべて収集、それらの詳細な分析により、絵巻の成立と系譜の全容の解明をはたす。この発見と研究のプロセスを収録した本書は、妖怪研究第一人者による、百鬼夜行絵巻研究の決定版である。本邦初公開の「百鬼ノ図」をはじめ、初紹介の伝本多数をカラーで掲載。

目次 : 第1章 すべては日文研本「百鬼ノ図」から始まった!(「百鬼ノ図」と中世/ 次々にわかってきたこと)/ 第2章 「謎」だらけの百鬼夜行絵巻(「謎解き」の歴史/ 本格的な「謎解き」)/ 第3章 百鬼夜行絵巻の全諸本が分類できる(四つの系統がある/ 組み合わせの着眼点)/ 第4章 妖怪イメージ誕生の秘密(擬人化と妖怪/ 戯画から妖怪へ/ 妖怪の出現を描く)

【著者紹介】
小松和彦 : 1947年、東京都生まれ。国際日本文化研究センター教授。埼玉大学教養学部教養学科卒業、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。専門は文化人類学・民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    どうしてこんな陳腐なタイトルにしたのだろうかと思う。著者の小松和彦は、この分野および妖怪研究の第一人者であり、民俗学の最前線で活躍している人。また本書の内容も、一般向けに分かりやすく書かれているとはいえ、百鬼夜行絵巻に関する従来の通説の根底からの見直しを迫るものだ。しかも、現在所在の明らかになっている60種以上に及ぶ百鬼夜行絵巻のすべてをデータベース化することで、詳細な検討を行っている。その核になっているのが、最近になって日文研が入手した絵図だ。それにしても、この分野でも何点もが海外に流出していたとは。

  • ゆきこ さん

    様々な百鬼夜行絵巻をカラーで、しかも新書で楽しめるという、とても贅沢な一冊でした。まるで博物館に行って小松先生の解説を聞きながら絵巻を鑑賞しているような、そんな気分になりました。日文研本の黒雲シーンが謎めいていて特に印象に残りました。今後新たな絵巻の発見によりさらに研究が進むことを期待します。

  • シャル さん

    新たに発見された百鬼夜行絵巻、百鬼ノ図から解き明かす、百鬼夜行の謎。そこに描かれていた妖怪たちは、これまでの学説をひっくり返すような、系図のもう一つの流れを示していた。だが、なにより印象に残るのは、絵巻の最後を占める妖怪をも飲み込む黒い雲だろう。それはまるで死の象徴のようで、他の絵巻とはまったく違う存在感となっている。妖怪の擬人化を述べられた後だからこそ、従来の太陽や火の玉ではない、異形の夜を塗りつぶす闇がなお恐ろしい。

  • 三柴ゆよし さん

    新たに発見された「百鬼ノ図」をはじめ、ビジュアル面が充実しているのが嬉しい。日本文化における妖怪とは、日本人の想像・創造力が最もユニークな形で結晶したものであり、その変遷を追っていけば日本人の精神構造の一端が垣間見えてくるはず。小松氏を筆頭とした実力ある研究者の精力的な活動の甲斐あって、最近では民俗学内外での妖怪研究がさかんに行われるようになってきた。研究者の卵としては嬉しい限り。

  • keroppi さん

    江戸東京博物館「妖怪展」を見て、百鬼夜行絵巻の事を知りたくなった。展覧会は結構混んでいてゆっくり見れなかったのだが、この本で細部まで見れ、その成り立ちも知る事が出来た。この本を読んでから、見に行けばよかったのかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小松和彦

1947年、東京都生まれ。国際日本文化研究センター所長。埼玉大学教養学部教養学科卒業。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位修得退学。専門は文化人類学・民俗学

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト