新・書を捨てよ、町へ出よう 寺山修司コレクション 河出文庫

寺山修司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309408033
ISBN 10 : 4309408036
フォーマット
出版社
発行年月
2006年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,313p

内容詳細

ピブロフィリア(書物狂い)の青年期に歌人としてスタートし、古今東西の本に精通した著者が、言葉と思想の再生のためにあえて時代と自己に向けて放った鮮烈なアジテーション。“青少年のための家出入門”などの実用的エッセイから、美空ひばり論、渥美清論などの鋭利な人物評まで寺山修司の広範な視点がわかる名著。

目次 : 青少年のための家出入門/ 痩せた日本人のための書/ 現代絵師論/ 三文エロイカ/ グループ探訪/ あとがき―抜けぬ言葉への執着

【著者紹介】
寺山修司 : 1936‐83年。青森県生まれ。詩人、劇作家。早稲田大学中退。54年、『チェホフ祭』で「短歌研究」新人賞を受賞。67年、演劇実験室「天井棧敷」を設立、演劇の変革のリーダーとなる。75年、映画「田園に死す」で芸術選奨新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 桜もち さん

    最近本ばかり読んでいるので、私も『書を捨てよ町へ出よう』を自分へのアジテーションのつもりで読んだが、この本自体ニヒルで卑猥さがちらつく長い詩みたい。寺山修司基準でイカしているかかどうかのテストがあった(長い小説が好きか短い小説が好きか。ドンホセが好きかエスカミリオが好きか等々)。これも意味わからない(笑)分かる時がくるのだろか?!

  • 織沢 さん

    『流行歌手─美空ひばり』を読んだ。 「家」制度、塩酸事件、同化欲というキーワードで美空ひばりを論じ、スターとファンの物悲しい性質、そして美空ひばりは本当に存在するのかという問題にまで至る。 この文章を寺山修司は70年代初頭に発表して83年に亡くなる。その後ひばりの家族が次々亡くなり、自身も52歳の若さで亡くなることなど知りようがない。 『港町十三番地』や『悲しい酒』『柔』のイメージが強かろう時代の寺山が『愛燦燦』と『川の流れのように』ばかりが持て囃される現在を見たら何を思うのだろうか。

  • トックン さん

    余暇の過ごし方についてのエッセイが印象に残った。「stand in」(代替可能)な暇つぶしを否定し、自分にしかできないことを推奨する「青春扇動家」の姿はrepresentasion表象=代理を批判する共和主義者に映る。サザエさんの家に性セックスを持ち込もうとするアナーキーな一面も持ちつつも力石徹に心酔するようにそれの敗北もキッチリ感情に入れた強かさも忘れないrepublicanist。

  • Arthur. さん

    熱い潮。涙の重み。それは、このひとが詩人であったから。一言が魂荒削りの逸品。だから疑いなく、心まで委ねることが出来る。 解説までお見事でした。寺山からは受け取るものが多くて、血が、沸々と致します。

  • tonakai さん

    ネタが古くて読みづらい。しかたないはなしだが。普遍性あるエッセイって難しいのだと思った

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品