時刻表2万キロ 河出文庫

宮脇俊三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309470016
ISBN 10 : 4309470017
フォーマット
出版社
発行年月
1980年06月
日本
追加情報
:
15cm,262p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
もはや鉄道文学の「古典」たりうる名作。こ...

投稿日:2009/05/28 (木)

もはや鉄道文学の「古典」たりうる名作。この本がなければ今のように「乗りつぶし」が一般に認知されることもなかっただろうし、そのほうが良かったのかも知れぬが、いずれにしても時刻表と鉄道に乗ることそのものが好きな人には1回といわず100回読んでも面白い本。あらためて宮脇先生が亡くなってしまったことが残念。

アマデウス さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きいち さん

    読み返すたび、書き出しの文章の力にほれぼれとする。第一章の一節目も二節目も最終節も第二章も、どれを全体の冒頭に置いてもいい、読者を引き込むものばかり、まさに書き出しの見本市。歴戦の編集者である宮脇がそれまでの技術を叩き込み、彫琢の極みを尽くした感じ。この時点ではまだ中央公論社の社員だし、この一冊が最初で最後となる可能性の方が大きい、それでも満足できるように!と、そんな思いも感じられる。◇フラットに風景を見る目、見えてないものへの想像力、目の限界に意識的であること…。今の自分のモノの見方を作ってくれた本だ。

  • ドナルド@灯れ松明の火 さん

    鉄ちゃん(特に乗り鉄)のバイブル。何故か今まで読んでなかった。編集長と言う激務の傍ら、ひたすら国鉄全線完乗を目指すその執念は何がもたらすのだろう。文章が簡潔な中に余韻もあり、しかもユーモアに富んでいて飽きない。読みながら作中の当該地域の路線図・駅名をしょっちゅう確認した。現在は廃線になっているか路線名を入力しては確認もした。当時の新線や延進の計画はほとんど実現していない事にびっくり。最後の気仙沼線開通時の話を読んで、震災ボランティアで行った際車両・線路や橋等全てが流されていたことが目に浮かびつらくなった。

  • ひやしなむる さん

    “これから高松までの二時間をこんな状態で過ごすのは辛いが、乗らなければ能登へ行けないから仕方がない。やれやれと思っていると、目の前の席に坐っていたグリーン券を持っていなさそうな青年が席を立った。ただでさえ窮屈なのに新たに一人横に立たれてはかなわないし、空席が一つできている。私もグリーン券など持っていないが、あけておくのももったいないから私がそこに坐った。坐ってみると断然楽である。”ちょこちょこ垣間見える宮脇さんのおちゃめなところも見所です。

  • Mzo さん

    最初に読んだのは中学生の頃だったかな。当時は知らなかったけれど宮脇さんは中公の名編集者だったそうで、文章は流石に上手い。抑揚がないようでいながら、控えめな感動やユーモアが感じ取れるとても品のよい文章。単純な事実の羅列でも感動の押しつけでも読者は辟易としてしまうが、そのバランスがとてもよい紀行文。ここで出てくる国鉄の路線が現在ではかなり廃止になっているのが残念ですね。仕方ないのは分かるのだけれど。

  • naotan さん

    乗換案内を利用するようになって時刻表はとんと見なくなったけど、こんな読み解きの楽しみがあったのね。それにしても電子書籍版の誤字の多さに辟易。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮脇俊三

1926〜2003。埼玉県に生まれる。1951年、東京大学文学部西洋史学科卒業。出版社勤務を経て、作家活動に入る。第5回日本ノンフィクション賞受賞、1985年泉鏡花賞を受賞した。「たくさんのふしぎ」には『御殿場線ものがたり』『シベリア鉄道ものがたり』『スイス鉄道ものがたり』がある

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品