ひかりの素足

宮沢賢治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784039720108
ISBN 10 : 4039720105
フォーマット
出版社
発行年月
1990年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,69p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ばっか殿すん さん

    うわぁぁ…!!…これは美しいと表現した方がいいのかなんなのか…淡く儚く、そして、強く眩い…光でしょうか。。

  • ベル@bell-zou さん

    一郎と楢夫。兄弟の生と死を分かつもの。”光のすあし”は弟をかばう兄の犠牲の心だという。鬼の言う”きさまたちの出かしたこと”。大人でも子供でも”生きている”ただそれだけで罪作りだというのだろうか。絵は赤羽末吉さん。重苦しい白の世界、吹雪から異世界を彷徨う兄弟の表情が描かれないことが不安と緊張をあおるが、薄暗い剣の野原から一転、湖の彼方の輝く館の対比は成仏した魂を感じる。シューベルトの魔王をイメージしながら読んだ。●表紙見返しレビュー:『銀河鉄道の夜』を予告している

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    宮沢賢治作、赤羽さん最後の作品:雪山で兄弟が遭難。そこで見たものは?地の言葉で>法華文学の童話。(生きる・すがる・たちゆく)を問うてくる様だ。絵本というより演劇?戯曲?お祭り?鬼の赤羽さんの絵は絵本の集大成の様にも。雪山・あか鬼・天女。 年を重ねてから、また読んでみたい絵本(手元に欲しい)

  • ochatomo さん

    主人公は子ども達だが大人へ向けた小編に思える細かい描写 カバー袖で「『水仙月の四日』とともに、我が国の雪嵐をえがいた文学作品として最高のもの(寺田透・1964年)」「愛する者をそこに置いてひとり主人公が現世へ戻ってくる設定が、『銀河鉄道の夜』を予告していることはいうまでもない(天沢退二郎・1979年)」の評が紹介されている 挿絵は赤羽末吉氏 この絵入り愛蔵版シリーズで引き続き挿絵担当の予定だったがこの本の出版2か月後に80歳で急逝され最後の作品となった 1990刊

  • にゃんみるきー さん

    ★★一郎と楢夫は、大雪の中二人で山道を歩くも、足が痛く歩けなくなってしまう。二人は歩けなくなる中で、異世界へいく。 *ゼミの発表資料として。「自己犠牲」がテーマでしたが、「自己犠牲」を一概で語ることはできないなと思いました。宮沢賢治の童話は、読むといつも不思議な気分になります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮沢賢治

1896〜1933。岩手県花巻市出身の詩人、童話作家。幼少より鉱物採集や山歩きを好み、盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)卒業後は、教員として岩手県立花巻農学校で地学や農学を教えた。その後も近在の農家に肥料相談や稲作指導を行ったり、東北砕石工場で技師として働いたりしていたが、37歳の若さで病没。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品