自殺遺族になっちゃった!! バンブーコミックス エッセイセレクション

宮本ぐみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801920101
ISBN 10 : 4801920101
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
150p;22

内容詳細

「ぺるみの旦那のトビオくんが首を吊ってるのおおお〜!!」ある日、ぐみの母親から衝撃の電話が―。それは母親が代理で協議離婚中の旦那・トビオのマンションに離婚届を取りに行った際、首を吊り倒れているトビオを発見してしまったというものであった―。その後、警察からの取り調べや検視により、他殺などの事件性はなく自殺という判断が下されたのだが、事件はこれで終わらなかった。なんとトビオの死によってマンションが事故物件化してしまったために大家から損害賠償金1千万円を支払うよう命じられたのである。多額の金額をめぐり宮本姉妹と大家は泥沼化していく―。

目次 : 事故物件になっちゃった!!/ 損害賠償請求!?/ 事情聴取されちゃった!!/ 死体検案書って何!?/ のっぽ弁護士登場!!/ 損害賠償請求はぼったくり?/ 事故物件のウラ話/ 恐怖の連帯保証人!!/ 遺品整理はじめました!!/ 暴走する不動産会社/ 弁護士対決!!/ 告知義務のウソホント/ 探せ!!事故物件住みます友人/ 知らないと怖い相続放棄/ 遺族はつらいよ/ ウチ出るんです/ 意義アリ!!/ 夫の浮気 前編/ 夫の浮気 後編/ ぺるみ壊れちゃった!!/ さよならは突然に/ 私が選んだ道/ 激ヤバ事故物件紹介

【著者紹介】
宮本ぐみ : 月刊漫画誌「本当にあった愉快な話」(竹書房)で漫画家デビュー。妹の宮本ぺるみの会社を手伝いながら漫画を描いている

宮本ぺるみ : 旦那が自殺してしまったことをきっかけに、姉の宮本ぐみとタッグを組んで、『自殺遺族になっちゃった!!』(竹書房)の原作者としてデビュー。二人の女の子を持つシングルマザー。会社の社長でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いぼいのしし さん

    残された家族にはさまざまな負担がのし掛かるのだなあ。訴訟になったら、本人は逃げられても保証人は逃げられないというのが衝撃だった。安易に保証人になってはいけないと改めて思った。

  • しのぶ さん

    別居中の夫が自殺した遺族のコミックエッセイ。賠償請求と心のケア。自殺したもん勝ちじゃない。自殺はダメ!絶対!そして弁護士がいかに大事かを理解しました。

  • chatnoir さん

    JRに飛び込みした人や、山で遭難してヘリが出た人には莫大な保証金が請求されるらしいけど、そうか、借家でもそうなのか。医師に死因を借家での縊死と書かれてしまうとさぁ大変。浮気した夫が許せず、別居していた奥さんに莫大な借金が...そして、奥さんが払えなければ、有無を言わさず連帯保証人に請求が行くらしい。そして、ダンナの家族からの誹謗中傷、財産(家電程度だけど)の横取りをされるらしい。「兄ちゃんが死んだのはお前のせいだ!」と捨て台詞を残す弟...そんな大事な兄ちゃんなら、兄ちゃんの宝物のギターはもってけ。

  • チョビ さん

    これ著者一家が甘すぎる。法的に絡むことに対して(結婚や連帯保証人)考えが軽すぎる。これで経営者かよ、と思えるところ多し!そもそも夫の浮気が端に発しているとはいえ、離婚前に自殺されたことはもはや夫が法的には勝者なのだ。命は金の前には軽いし、それに群がる人たちはたとえ夫の家族だろうと邪悪である。ただし「相続放棄」に関して「え、そうなの!」ということもあり、死ぬこともこの世では世知辛いと思った次第。弁護士の重要性を感じる本。いいなあ、この弁護士…。

  • るぅ さん

    主人公姉妹の目付きが悪いからか、亡くなった旦那とその親族側の気分で読んでしまった。法外な請求額だったとしても残された者としてはいくら貰っても少ないことはないし癒されることもないんだろうな。例えそれが不倫きっかけだったとしても。それにしても自殺はどんな形にしても遺族に多大な迷惑をかける!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品