センゴク武将列伝 講談社文庫

宮下英樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062764940
ISBN 10 : 4062764946
フォーマット
出版社
発行年月
2009年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,363p

商品説明

戦国ファン必携!
勇将、智将、謀将……信長の目にはあの武将がどう映ったか?
人気戦国コミック『センゴク』×講談社文庫

桶狭間、姉川、長篠の合戦を経て天下人へと突き進む信長に仕え、あるいは敵対した戦国武将たち80余名。下剋上の世、運命の分水嶺となったのは何か。信長の生涯を3つに分け、そのときの信長の視点で、彼ら武将たちの正体に迫る。宮下英樹のイラストが興趣を増すセンゴク武将列伝の決定版!<文庫書下ろし>

内容詳細

桶狭間、姉川、長篠の合戦を経て天下人へと突き進む信長に仕え、あるいは敵対した戦国武将たち八十余名。下剋上の世、運命の分水嶺となったのは何か。信長の生涯を三つに分け、そのときの信長の視点で、彼ら武将たちの正体に迫る。宮下英樹のイラストが興趣を増すセンゴク武将列伝の決定版。

目次 : 第1章 家督相続から奇跡の桶狭間まで―天文三年(一五三四誕生)〜永禄八年(一五六五 三十二歳)(織田弾正忠信秀/ 織田(津田)大隅守信広/ 織田勘十郎信勝 ほか)/ 第2章 新将軍の支援者から義弟の裏切り―永禄十年(一五六七 三十四歳)〜元亀二年(一五七一 三十八歳)(斎藤右兵衛大輔龍興/ 富田勢源/ 六角承禎義賢 ほか)/ 第3章 信長の逆襲―新兵器活用で包囲網撃破―元亀三年(一五七二 三十九歳)〜天正十年(一五八二 四十九歳)(織田勘九郎信忠/ 織田三介信雄/ 太田又助牛一 ほか)

【著者紹介】
宮下英樹 : 漫画家。石川県出身。2001年「第44回ちばてつや賞ヤング部門大賞」を受賞し、同年「ヤングマガジン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふぃすか さん

    うーん、期待したほど楽しめなかった。私がマンガ読んでないからでしょうかね。

  • パスカル さん

    再読。こうして眺めると、画力の変遷っぷりが凄まじいな。この本が出てから7年になるし、そろそろ第2弾を期待したい。

  • ホリエンテス さん

    センゴクにまつわる武将名鑑。信長の近習を含めてマイナーな武将も取り上げていて面白い。

  • タク さん

    とても楽しめました。原作のマンガの方は読んだことがないのですが、戦国時代にさして興味がなかった私でも本当に読んでいて面白かったです。信長・秀吉・家康を中心と戦国時代の読み解きは普通でしょうが、もしかしたら今川義元から見た戦国絵巻みたいに別の観点から見てみると違うんだろうなと創造の翼をたくましくしながら読みました。

  • さまんさ さん

    センゴクの関連本。信長を中心としているので、信長周辺の武将を紹介。謙信、信玄といった有名武将から、ちょっとマイナーな武将まで、それなりに幅広いです。各武将の紹介はそんなに長くないので、電車で移動中とかに読むといいかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮下英樹

漫画家。石川県出身。2001年「第44回ちばてつや賞ヤング部門大賞」を受賞し、同年「ヤングマガジン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品