吉田博画文集 われ山の美とともにあり

安永幸一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784808710972
ISBN 10 : 4808710978
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;24

内容詳細

目次 : 第1章 日本の山々(高山美の感得/ 風望美 ほか)/ 第2章 外国の名山(「ロッキー」グランド・キャニオンの壮観/ ヨセミテ・バレーの数日 ほか)/ 第3章 山の心得(山の天候/ 登山の携帯品 ほか)/ 略年表

【著者紹介】
安永幸一 : 1939年、福岡市生まれ。1963年、九州大学文学部(美術・美術史専攻)卒。1969年、長崎県立美術博物館学芸員を経て、1974年、福岡市美術館の建設に取り組み、1979年の開館後は学芸課長、事業管理部長、副館長を歴任。1999年、福岡アジア美術館の初代館長(のちに顧問、2015年退任)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんとまん1007 さん

    何とも言えない味わいのある色合い。やっぱり、山はいいなあ〜と思う。その中でも、やなり、自分で登ったことのある山がいい。思い出す。

  • 風が造る景色 さん

    東京都美術館の吉田博展で購入しました。 展覧会の図録ではなく、吉田氏の著書『高山の美を語る』から文章を抜粋し山岳版画に載せた本です。 タイトルの『われ山の美とともにあり』の通り、高原や山頂からしか望めない風景と雲海の数々は壮観です。

  • nazukenta さん

    ニコニコ美術館を見ながら参考にした。戦後の進駐軍との交渉のエピソードを知りたくましい人だなと思った。帆船しか生で見たことがないので吉田博展は楽しみ。

  • ぱぐびぃ さん

    吉田博画伯の作品には数多くの山岳を描いた油彩、水彩、版画作品があり、それらの作品をテーマごとに集約したうえで画伯自身の言葉を添えて編集されており、吉田博画伯の山岳や自然に対する深い愛情が伝わってくる。

  • kaz さん

    主に大正から昭和の初めにかけての作品が掲載されている。この本を手に取るまで吉田博という画家の存在自体を知らなかったが、東京国立近代美術館やブリジストン美術館にも多く所蔵されているほどだから、相応の評価をされている画家なのだろう。油彩画は、これといった特徴が感じられないうえ色調もやや暗くあまり好みではないが、木版画は、よくもこれだけ繊細なものができたものだと感心してしまう。色調も軽く、明るく、眺めていて良い気分になる。水彩画も同じく、軽い雰囲気が嬉しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安永幸一

1939年、福岡市生まれ。1963年、九州大学文学部(美術・美術史専攻)卒。1969年、長崎県立美術博物館学芸員を経て、1974年、福岡市美術館の建設に取り組み、1979年の開館後は学芸課長、事業管理部長、副館長を歴任。1999年、福岡アジア美術館の初代館長(のちに顧問、2015年退任)(本データは

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品