能面の見かた 日本伝統の名品がひと目でわかる

宇高通成

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416716366
ISBN 10 : 4416716362
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
174p;21

内容詳細

目次 : 1章 能面の分類と種類(翁面/ 尉面 ほか)/ 2章 解説「能面入門」(翁面/ 尉面 ほか)/ 3章 狂言面(翁面/ 神仏面 ほか)/ 4章 図説「能面の見分けかた」(視る角度で表情が変わる小面/ 女面の見分けかた ほか)/ 5章 原木から面打ちの工程まで(面打ちの工程/ 道具と技術 ほか)

【著者紹介】
宇〓通成 : シテ方金剛流能楽師。1947年生。重要無形文化財総合指定保特者。金剛宗家・二世金剛巌師に師事。これまでに「翁」「道成寺」、「卒都婆小町」、「木賊」、「鸚鵡小町」「鷺」などを披く。1985年国際能楽研究会(INI)創立。1986年日米文化交流の会・能楽公演団長。松山藩お抱え能役者の家系を継ぐものとして、1991年には初世宇〓六兵衛喜太夫追善能を開催し、1997年明治まで続いた松山稽古舞台を再興。能楽師にて唯一人の能面作家として面乃会を主宰、自作の能面を自らの舞台において使用するという新境地を拓く

小林真理 : 1985年企画制作会社「スタルカ」主宰。アートディレクター、画家、美術ジャーナリスト。「画家の装幀」「うるしのうつわ」などのテーマで新聞連載や執筆、講演活動を続けている。日本図書設計家協会副会長・理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 糸車 さん

    「増女」、「平太」という能面がどんなものか知りたくて。ロマンス小説がきっかけで興味をそそられて調べてみたくなることって実は結構ある。読んだことがない絵本とか、小難しい理論とか、聞いたことはあるかなという程度の芸術関係とか。美しい能面のカラー写真に見とれる。丁寧で分かりやすい解説がありがたい。女性の面が髪の生え際で見分けられるとは知らなかった!図書館で借りた本なんですが、欲しくなりました。でもこれ、お高いのよ…。2400円なり。

  • ワスレミズ さん

    図書館で見つけて借りてきました。能面だけでなく「原木から面打ちの工程まで」も紹介されているのは、本書で初めて見ました。「視る角度で」表情が変わる能面。さすが幽玄の世界です。私は「小面」「孫次郎」といった若い女性を表現した能面が好きですが、二つの面を並べられても区別することはできません。でも見分け方がいくつかあります。髪の毛の描き方によって区別ができるそうです。驚きです。女面だけでなく他の面の解説も興味深い。また読みたいです。

  • 7a さん

    「鬼の研究」から能面についてもっと詳しく知りたくて。大類すると能面は翁面、尉面、男面、女面、鬼面、仏面に分けられる。男は変化して神格化されるのに、女は鬼(般若、蛇)となるのは何故でしょうね(笑)能の歴史、面の種類、面の作り方まで幅広く教えてくれ、能初心者にはとても良い本だと思う。能に対し狂言の面はやっぱり愉快で愛嬌があるね。読後の結論としては、やはり生成りが一番怖い。

  • たまネギ子 さん

    能は日本オリジナルのものではなく、インドや中国を経て伝来したもので、そちら方面のエッセンスが多く含まれているのが意外だった。「もののけ」のモノは南インドタミル語が語源。怨恨をもった怨霊の意味。P28

  • ganesha さん

    能役者、能面作家である筆者による能面、狂言面の入門書。面打ちの工程が興味深かった。演者にとって大体の能面は視界が殆ど遮られて見えにくいのに、盲目の弱法師や蝉丸の面はとても良く見えるという矛盾が面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品