宇多田ヒカルの言葉

宇多田ヒカル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784789736817
ISBN 10 : 4789736814
フォーマット
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
359p;19

内容詳細

目次 : ■1998‐2001 / 1st ALBUM 『First Love』 / 2nd ALBUM 『Distance』 / 寄稿: 吉本ばなな、最果タヒ、水野良樹 / ■2001‐2008 / 3rd ALBUM 『DEEP RIVER』 / 4th ALBUM 『ULTRA BLUE』 / 5th ALBUM 『HEART STATION』 / 寄稿: SKY‐Hi、石川竜一 / ■2010‐2017 / BEST ALBUM 『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』 / 6th ALBUM 『Fantome』 / NEW SONGS / 寄稿: 河瀬直美、糸井重里、小田和正

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はるき さん

    ヒッキーの歌声を初めて聞いた時の衝撃を思い出します。彼女の楽曲を歌詞を綴ることで再構成する。しびれます。

  • はるき さん

     宇多田ヒカルの世界を言葉だけで再体験。今後もずっと追いかけていきたい。

  • 青木 ともこ さん

    宇多田の歌詞という読みもの、一冊になってどうなんだろうと思ったらー、読みごたえ、とんでもないんですけど。つくづく驚きました。やっぱり天才、この人。詞が単体となってもスーッとこちらに入ってくる。ときに肩透かしや覆しがスパイスやコクとなり、クセになっていき。なかにはゴクゴク喉を鳴らせるものも。こーんな凄い言葉の綴りが、あーんな声や旋律やリズムやらに乗ってくるんだからもう、響くに決まってるじゃないの。あちらも波動でこちらも波動でじかに揺さぶられる。発するすべてが同調して「私ごと」だ。宇多田はいっそ、わたし。

  • 彼岸花 さん

    好きな作品は、後にも先にも『First Love』なのですが、初めて聴いた時の感動を、今でも覚えています。あれから20年…花束を抱えて、私達の前に現れてくれました。ありがとう!と言いたい気持ちです。歌詞も、人間活動の成果か、丸味を帯びて、より、日本語の良さが実感できるものに仕上がっていると思います。今後も期待しております。

  • yuki さん

    昔から聞いていたけれど、今になって理解できる歌詞が多く改めて聴いていた時にこの本が出たので迷わず購入。独特な表現は曲を聴くのと本で読むのとではまた違って自分に響いてきました。 やっぱり宇多田ヒカルってすごい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

宇多田ヒカルに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品