ブラスト公論〜誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]

宇多丸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198942977
ISBN 10 : 4198942978
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
仕様:B5判/128ページ

内容詳細

熱狂的なファンの支持を得て2006年に単行本化された『ブラスト公論』は、すでに絶版で入手不可、お陰で一部ではプレミア化。
そんな熱烈なリクエストにお応えし[新装版]としてここに復活!

しかも宇多丸(ライムスター)他「元・ボンクラ5人」は再び結集、新たな取り下ろしも加えた増ページで現代社会を斬り倒す!
武道館公演も成功させたライムスターが4年ぶりの新作で前線復帰する一方、果たして彼らは「脱・ボンクラ」を果たしたのか……?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Akito Yoshiue さん

    最初のも増補改訂版も持ってるのに文庫版も購入。読むのに時間はかかるがやっぱり面白かったです。

  • クマダヨシヒト さん

    こうろん【公論】 @公平な議論。 A世間一般の議論・意見。「万機ーに決すべし」 (広辞苑 第6版より) 全然「公平」じゃねぇ!「私的」が溢れている。でもこんな「バカな会話」が出来る「クルー」や「チーム」が凄く羨ましいし、集まって、あれやこれや話してみたい。最初は「1100ページ読めるかな…」と思っていたが、読み始めたら最後。次から次へと読みたくなる「トークの真髄」を読んだような感じがして、思ったより早く読み終えました。会話が多いから出てきた「パンチライン」も響きました。最後に、みやーんさん、ありがとう。

  • ぷほは さん

    そーいや俺、中高生の頃中島らもとかのエッセイ文庫本で読んでゲラゲラ笑ってたな。『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』とか、『砂をつかんで立ち上がれ』とか。そーいうことを思い出させてくれる本だった。千頁越えるけど読むとあっちゅーま。ラジオでの「塾と恋特集」があまりにも面白くて買ったが、ヒップホップ周りではかなり有名な本らしい。00年代前半のあの妙な空気、小泉政権とか石原都知事とか9.11、イラク戦争とかのヒリついた感じも懐かしい。一番笑ったのは古川耕の発言、タマちゃんに対して「腐った天ぷらに見える」あたりかな。

  • HK さん

    信じられないくらい面白い。文庫1100ページの京極夏彦かと言いたくなる厚さだが、体感では一瞬で読み終わって、この座談会なら永久に読めるのではないかという錯覚をおぼえる(そんなわけはないが)。同時に「この本が好きだ」という事実で、自分という人間の3分の1くらいは説明できるのではないかという珍妙な思いが頭をよぎる。寡聞にして知らなかったがその筋では名著として名高いそうで、10年以上前の雑誌連載の座談会が3度刊行されるのもおおいに納得。

  • ほいっぷしゅー さん

    tofubeatsさんのバイブルらしいですね。しかしトーフファンは読まないであろうボンクラトーク(褒め言葉)の数々……、フフフ最高。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

宇多丸に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品