中国が絶対に日本に勝てない理由 中国人漫画家が日本に住んで気がついた!

孫尚文

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594075330
ISBN 10 : 4594075339
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
孫向文 ,  
追加情報
:
191p;21

内容詳細

地下アイドルや国会議事堂、安保法案反対デモ…など中国人漫画家が日本のさまざまな現場を巡ることで、中国のヤバすぎる真実が見えてきた!日本と中国―近いけれど精神性も社会的な仕組みもまったく異なる国。漫画で読む、新しい「日中文化の比較論」がここに誕生!!

目次 : 潜入1 チャイナタウン―日本人は排外主義!?在日中国人たちのホンネ/ 潜入2 地下アイドル―芸能界も共産党のコネ次第…中国がアイドル後進国の理由/ 潜入3 ゲイタウン―同性愛は百害あって一利なし!?子孫繁栄を最重視する中華思想/ 潜入4 オタク文化―『進撃の巨人』は発禁!表現の自由のない中国カルチャーの実態/ 潜入5 在日米軍基地―戦争をひきずる中国…自衛隊と米軍の強固な関係/ 潜入6 安保法制反対デモ―シールズはゆるすぎる!?日中の若者の政治意識/ 潜入7 国会議事堂―「全人代」は世界をだます茶番…民主主義国家への遠い道のり/ 潜入8 日本銀行―AIIBはすでに機能不全!?中国経済崩壊へのカウントダウン/ 潜入9 皇居&明治神宮―宗教と引き換えに失った大きな代償…文化大革命の弊害/ 孫向文×変態唐辛子スペシャル対談

【著者紹介】
孫向文 : 中華人民共和国浙江省杭州市出身、漢族の33歳。2013年に来日以降、雑誌やインターネットを中心に漫画やコラムを執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スウィーニー校長 さん

    ★★★★☆ 孫向文さんが日本に来た経緯、日中の文化の違い等、序盤は軽い内容から入りますが、徐々に政治などの重めの内容へ移行していきます。 日本人には何気ない選挙(投票)の様子が、孫さんには憧れてやまない光景である。 中国国内の深刻な人権問題。 寛容な神道vs不寛容な共産主義。 全編漫画で読みやすいので「中国人から見た日本」という一視点に興味あれば、手にとってほしい一冊。 木造建築の香りが好きで、縁側でスーハースーハーする孫さん、可愛いですねぇ

  • Kazuhiro Okamoto さん

    漫画家として真剣に極めるために祖国を捨てて、日本に帰化する気持ちで描いているだけに、日本愛が伝わってくる。日本を愛してくれるのは素直に嬉しい。また、印象的だったのは、日本の国会を傍聴して、「こんなに我の強い人たちでも国会議員として議会活動ができるのだから、自分の国でもできると自信を持った」というところ。

  • チョビ さん

    今回は漫画オンリー。中国人、日本の文化に触れながら中国共産党の政治がいかに誰のためにもならないかを知って行く本。中にはその教育ゆえになかなか相入れない部分もありますが、基本的には著者の好きなあるいは得意分野でまとめられているため、取材が楽しそうな雰囲気が伝わります。絵は日本人に比べたらまだ稚拙な部分はありますが、誰より日本文化が好き!という気持ちは読んでてとても気持ちがいい。

  • VILLAGGIO さん

    在住外国人の日本探訪ルポ漫画。彼の地の国とは自由と民主主義の有無の違いが際立つ。尤も、こちら日本国の内情も世襲政治やら腐敗やら。先般、SNSで検閲されて消されていたのには吃驚した。自由に関しては相当剣呑な事態である。本書に戻ると、日本の反戦デモ等の怪しい現場にも突っ込みを入れる。巻末で対談する同国人の亡命漫画家辣椒氏の本ほど、徹底した体制批判を展開する内容ではない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品