向田理髪店

奥田英朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334910891
ISBN 10 : 4334910890
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
253p;20

内容詳細

北海道。寂れてしまった炭鉱町。通りにひと気はないけれど、中ではみんな、侃々諤々。心配性の理髪店主人が暮らす北の町は、案外にぎやか。身に沁みて、心がほぐれる物語。

【著者紹介】
奥田英朗 : 1959年岐阜県生まれ。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞受賞。’04年『空中ブランコ』で第131直木三十五賞受賞。’07年『家日和』で第20回柴田錬三郎賞受賞。’09年『オリンピックの身代金』で第43回吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    奥田英朗は、新作中心に読んでいる作家です。北海道の夕張がモデルでしょうか?著者が巧いのでフィクションですが、ノンフィクションのような感じがします。若い人達の新たな動きで微かな光は見えるものの、財政破綻+限界集落で暗さは拭いきれません。どうしても読んでいると辛くなります。ほぼ同時期に荻原浩が似たタイトルの「海の見える理髪店」を出しましたが、この「理髪店」対決では「海の見える理髪店」に軍配をあげたいと思います。

  • Yoshihiko さん

    過疎の村を舞台にした田舎の人情話でした。悪気のない田舎特有の親切感があふれており、その言動に共感するやら納得するやら..。必要なのは「娯楽」なのでしょう。

  • またおやぢ さん

    うぅ〜ん、なんだろうこの違和感は?この小説を通じて著者が伝えたかった事は何なのか?過疎に悩む北海道の町。人々の距離が近いことの良さは分からないわけではないが、それを見つめる著者の視線に、優しさや共感が無いと感じるのは小生だけなのだろうか?都会に行った人間は、田舎暮らしの厳しさを知らないと、繰り返し繰り返し述べてはいるが、では本当に彼ら(或いは著者)が知ってもらいたい、発信したいことは何であるかは不明確で、じゃりじゃりとした後味の悪さのみが残る一冊。『我が家の問題』といい、奥田さんが苦手な小生なのです。

  • kaz さん

    いいねぇ。すごくいい。明るい未来を思い描きにくい環境にあって、それでもこの人達とこの場所でやってくんだから、仲良くしなくちゃしょうがないよ、というやっちゃんのスタンスが、すごく好き。次々と起こるトラブルの深刻さ加減が絶妙。うん。いい小説でした。

  • reo さん

    NHKで鶴瓶の家族に乾杯という番組がある。9月26日の放送は、宝達志水町を鶴瓶と奥田瑛二が訪ねる。奥田さんは、ふと見かけた理容店に立ち寄ることに。そこは松本美代子さんと息子の聡さん親子でやってる散髪屋だった。奥田さん「息子さんが継いでくれるってすっごく嬉しいよね」お母さん頷く。奥田さん突然「結婚は?」と聡さんに訊く。聡さん、女性と一緒に暮らしているとのこと。奥から呼んでもらい出てきた女性に、聡さんはいきなり「結婚してください」と頭を下げる。それを聞いた女性もお母さんもビックリ嬉し涙。この本も心温まります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田英朗

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品