オリンピックの身代金

奥田英朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048738996
ISBN 10 : 4048738992
フォーマット
出版社
発行年月
2008年11月
日本
追加情報
:
20cm,524p

内容詳細

昭和39年夏、オリンピックに沸きかえる東京。開催妨害を企む若きテロリストと警視庁刑事たちの熱い戦いが始まる。昭和が最も熱を帯びていた時代を、圧倒的スケールと緻密な描写で描き切るエンタテインメント巨編。〈受賞情報〉吉川英治文学賞(第43回)

【著者紹介】
奥田英朗 : 1959年岐阜県生まれ。97年『ウランバーナの森』で作家デビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞を、04年『空中ブランコ』で第131回直木賞を、07年『家日和』で第20回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 すごくリアリティのある1冊という感じが...

投稿日:2013/08/27 (火)

 すごくリアリティのある1冊という感じがした。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    二段組み521頁が「あっ」という間でした! 1か月以上時間のズレた、島崎視点の物語と落合刑事視点の物語の時間差がどんどん無くなることで、追い詰める緊迫感を盛り上げます。 日本・韓国・中国、どの国もオリンビック開催には、光と陰があったのでしょうね、人々の熱狂とやるせない悲しみが溢れたお話でした。よかった!!

  • ダイ さん

    前回の東京オリンピックでのテロ。日付が示されているが時系列がずれているので序盤に若干戸惑うがドンドン引き込まれていき面白かった。ただ読後感はよくない・・・。

  • 再び読書 さん

    いつもの奥田節がでてこずに戸惑ったが、何故かジーンと胸を突き刺す思いが残った。秋田の当時の農家の暮らしの厳しさ、当時も今も変わらない支配層の理不尽さ、学生であるが故の純粋さ。想像通りの最後であるが、涙が潤む。まだ高度成長時代の幕開けを、陽と影が織り成す国家に対抗する若者を通じて静かにはっきりと訴えかける。奥田英郎と言う作家の凄さに圧倒されました。

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中) さん

    『オリンピックを人質に身代金をいただきましょう』兄の死きっかけに特権階級・支配層に対して一矢報いようとするインテリ学生、島崎。行為はテロなのに、なりゆきで道を踏み外したような虚無感と静かさ。体制側とされる警察官も汗を流す労働者で一庶民。反目しあう公安部と刑事部。反逆者・島崎の相棒、村田じいさんが名脇役。存在感たっぷりの主役は昭和という時代そのもの。高度成長期の光の部分と闇の部分『毎日塩を噴くまで働いた人間が家すら持てねえというのは、どうにも納得いがね』社会派の大作読了は充実感もたっぷりでした。

  • koba さん

    ★★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田英朗

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品