もっと知りたいベラスケス 生涯と作品 アート・ビギナーズ・コレクション

大保二郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784808711023
ISBN 10 : 4808711028
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
96p;26

内容詳細

モデルの内面まで暴き出す肖像画から不朽の名作《ラス・メニーナス》まで、ベラスケスの生涯と傑作を網羅。
西洋絵画史の頂点を占めるバロックの巨匠の真髄と革新性に迫る。

【著者紹介】
大高保二郎 : 香川県生まれ。早稲田大学名誉教授。マドリード大学哲・文学部大学院博士課程留学、早稲田大学大学院博士課程満期退学。専門はスペイン美術史、バロック美術。跡見学園女子大学、上智大学、早稲田大学各教授を歴任

川瀬佑介 : 1977年東京都生まれ。上智大学、東京藝術大学大学院(博士後期課程満期退学)を経て2002‐09年、ニューヨーク大学大学院美術研究所に留学。メトロポリタン美術館T・ルソー研究員、長崎県美術館学芸員ののち2012年より国立西洋美術館に勤務、主任研究員。専門は17世紀を中心とするスペイン・イタリア美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • bibi さん

    ベラスケスのことをマネは「画家たちの画家」と呼んだ。ベラスケスの絵画はどれも魅力的で、なかでもこの本の表紙を飾る「ラス・メニーナス」は大好き。マルガリータ王女の肖像画、何枚かあるけど、これが一番キラキラして魅力的。大きな絵と分かりやす解説。ずっと見てたい💛💛

  • こぽぞう☆ さん

    30年くらい前すぺいに行って、色々観てるはずなのに、ベラスケスの印象が薄い。(エル・グレコは強烈)だが、ベラスケス大好きだ。これまでで一番大きい美しいキリスト磔刑図だ!

  • kaoru さん

    ベラスケスの作品を大保二郎、川瀬佑介両氏が解説した著書。フェリペ4世に代表される王侯貴顕、教皇、矮人や道化師など約400年も前の絵とは思えないほど迫真的に描かれている。剽軽なメニッポスやイソップ、軍神マルスも服装・扮装を除けば現代人といっても通用するほど。ベラスケスがコンベルソという改宗ユダヤ人の家系に連なっていたこと、当時の磔刑図は主との対話という目的で制作されたため「生けるがごとく」リアルであることが求められた事実などとても興味深い。自画像のベラスケスは沈鬱な表情。プラド展を再訪したくなった。

  • 或るエクレア さん

    この人の「何も描かない背景」ってすごい発明だと思う。

  • takakomama さん

    「プラド美術館展」の予習と復習。美術展の企画者が執筆しています。王族や倭人などのモデルに、分け隔てなく真摯に向き合って描いたベラスケスは人格者だと思います。美術展は、黒い衣装の肖像画や大きい絵画が多かったです。その中で、「王太子バルタサール・カルロスの騎馬像」の青空は、未来や希望を感じる明るさで印象に残ってます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品