マキちゃんの家 ちくちくトントン クウネルの本

大谷マキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838718597
ISBN 10 : 4838718594
フォーマット
出版社
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,135p

内容詳細

自分の過ごすところが気持ちよくいられるようにと、手間と工夫を惜しまず、こまめに模様がえをする大谷マキ。食や暮らしまわりのスタイリングの仕事をしている彼女の2年にわたる家づくり、部屋づくりの記録。

【著者紹介】
大谷マキ : 1973年、三重県伊勢市生まれ。食と暮らしまわりのスタイリスト。雑誌、書籍、広告が主な活動の場。スタイリングを担当した本多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハワイ猫 さん

    楽しかった。クウネル連載時も読んでいたけど、一冊になったものをまとめて読むと、ご両親や育った町、もとになるバックボーンや考え方が小物や生活ぶりに表れていくんだなあとよくわかりました。センスって一朝一夕には磨かれないんだろうな。でも、読んでいて自分のルーツや好きなことにも目を向けたくなるような、そんな一冊。よいものを購入するのでなくて、自分がよいと思うものを集めて作っていく生活。豊かだなあ。ちくちくトントン。

  • 春葉 さん

    マキちゃん、可愛い。お家も可愛い!さりげないけど、お洒落〜。器も好きな感じだし、布も可愛い。冬になったら毛糸を買うのも頷けて、万年編みかけがあることも、そうそう!と笑った。ラオスのシルクで作る巻きスカートは真似したい!もちろん、ラオスのシルクはありませんが...

  • ふみ さん

    素敵だなぁ、こういう暮らし。土台を手に入れたら、あとは好きなように色々作っちゃうマキちゃん。物に対する愛情をとても感じます。おかたしが上手なお母さんと、工具箱を譲ってくれるお父さん、チロリン村のおばあちゃんたちなど、人の温かさも感じられる内容でした。

  • wakamechan さん

    ★★★☆☆ 〈図書館〉この本を読んだら、掃除しなきゃ!と言うより、掃除しようかなぁ♪って気持ちになります。がすりガラスにひかれる気持ちがわかるな。私もカーテンを作りたくなった。

  • pino さん

    あこがれます。自分の生活スタイルを大切にし、楽しみながら維持されていますよね。力わざではなくサラリと。道具たちも丁寧にあつかわれて幸せそうです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品