生きる理由を探してる人へ

大谷ノブ彦 (ダイノジ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040820705
ISBN 10 : 4040820703
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
200p;18

内容詳細

「自殺=悪」の決めつけが遺族を苦しめることもある。それでも自殺は「しないほうがいい」。追いつめられていても、現状から脱出して「違うかたちで生きる」という道を提示できないか。芸人と作家による異色対談。

序章 自分のことが好きですか?
第1章 文人主義とザッツ・オール・ライト!
第2章 未来は常に過去を変えている!
第3章 大谷ノブ彦が自殺しかけた日
第4章 アイデンティティ・クライシスを乗り越える方法
終章 「幸福」が人を追いつめる!

【著者紹介】
大谷ノブ彦 (ダイノジ) : 1972年大分県佐伯市生まれ。明治大学経済学部卒。同じ大分県佐伯市出身で中学の同級生である大地洋輔と東京で再会、94年吉本興業のオーディションに合格しコンビ「ダイノジ」を結成

平野啓一郎 : 1975年愛知県蒲郡市生まれ。北九州市出身。京都大学法学部卒。99年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。2004年には、文化庁の「文化交流使」として1年間、パリに滞在。08年からは、三島由紀夫賞選考委員、写真の町東川賞審査会委員を務める。美術、音楽にも造詣が深く、幅広いジャンルで批評を執筆。14年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まる さん

    恥ずかしながら大谷ノブ彦さんのことは初めて知った。対談集。平野啓一郎さんが作り出した概念「分人」論を中心に 色々な過去の経験を振り返りながら 生きる理由を探っていく。異色の対談ということで面白かった。ある1つの「分人」がうまくいかなかったからといって死んでしまってはもったいない。時が経てばその「分人」は小さくなるかもしれないし もっと楽しい「分人」が出てくるかもしれない。。。という話が心に残った。

  • フク さん

    芸人と作家による異色の対談本。異なるジャンルで活躍している二人だからこその中身の濃い話に思わず引き込まれる!平野氏の提唱する『分人主義』は多くの人に知ってもらいたい考え方だと個人的には思っている。大谷さんはラジオの熱量そのままに対談している感じがすごく伝わってきてこちらも好感をもてた(^^;『本や映画の中には誰かの人生がある。その中へと入っていくだけでも情報処理は落ち着いてできるようになる。そのことがすごく大事なのかなって思うんですよね。』

  • まさひろ さん

    平野啓一郎の分人主義をベースにした対談。小説「空白を満たしなさい」「マチネの終わりに」辺りが中心だった。大谷ノブ彦がメインの語り役、平野啓一郎はどちらかと言うと聞き役に徹していて、要所でアドバイザーとして話している感じ。「分人主義は一種のチューニング」「将来の分人に期待する」やはりこの概念は素晴らしいと思う。

  • Jima さん

    芸人と作家の異色対談。腑に落ちる言葉が多かった。『自殺は悪と決め付けるのは遺族を苦しめる』『正しさが人を殺す』『幸福が人を追いつめる』人がいわないことを二人は語っていて、なんだか救われる。死ぬなら会社を辞めれば、転校すればいい。不倫は悪。幸福になるべきという押しつけ。そんな世の中とは逆行のご意見がいい。『自分の状態は一時的なものにすぎない』という考えが、肩の力を抜かせてくれる。あと自殺はその人の意思ではない面もある。視野狭窄という状態。正しさでマイナーな考えを抑圧してしまう風潮への警鐘に共感。

  • yashi_masa さん

    平野さんとダイノジ大谷さんの対談を一冊にしたものです。以前から平野さんの「分人主義」には感銘を受けていて、実生活においてもその考えを取り入れる事で世界の見方が一変しました。今回の対談もその「分人主義」を基盤として現代の問題である「自殺」や「生きる」について両者の考えが述べられている濃い内容でした。生きている以上良い事も悪い事もあるけれど、コミュニケーションを取らざるを得ない人間は対人関係に於ける善悪がとても大きな割合を占めているように感じる。如何に上手く付き合っていくか。とても大切な時間を共有できました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大谷ノブ彦 (ダイノジ)

1972年大分県佐伯市生まれ。明治大学経済学部卒。同じ大分県佐伯市出身で中学の同級生である大地洋輔と東京で再会、94年吉本興業のオーディションに合格しコンビ「ダイノジ」を結成

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品