小学校での英語教育は必要ない!

大津由紀雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766411713
ISBN 10 : 4766411714
フォーマット
発行年月
2005年05月
日本
追加情報
:
20cm,260p

内容詳細

文科省が小学校英語の導入を進めようとする中、英語教育の論客たちが専門家の立場から問題提起し、その導入に警鐘を鳴らす。慶應義塾大学で開催された同名の公開シンポジウムをベースに、さらに論を深めた構成。

【著者紹介】
大津由紀雄 : 慶応義塾大学言語文化研究所教授。Ph.D.(MIT,1981、言語学)。言語の認知科学(言語獲得、言語理解、言語の脳科学)が専門だが、言語教育についても強い関心を持つ。言語科学会会長、日本英語学会前副会長、東京言語研究所運営委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りょうみや さん

    英語学習の見方が変わった。以下私なりの要約。ネイティブに近い環境なら英語の早期学習に意味はあるが、小学校のわずかな時間程度では無意味。日本は欧州と違って日常に多国語が溢れているわではない。慣れていない教師では逆効果も。小学校では全ての基礎である国語が最重要。外国語はメタ言語能力が身についている中学からの学習の方が効果的。仕事で通用する英語は中学からでも間に合う。真の国際人には英語だけではなく、母国語の言語能力や算数、理科、社会、広い教養が必要。それらの時間を削減してまで小学からやる必要はない。

  • 鈴華 さん

    図書館本。卒業論文のため

  • 鈴華 さん

    図書館本。大学レポートのため

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大津由紀雄

明海大学外国語学部教授、慶應義塾大学名誉教授、一般社団法人ことばの教育代表理事。専門は、言語心理学、認知科学、言語教育

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品