新宿鮫 新宿鮫 1 光文社文庫

大沢在昌

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334766986
ISBN 10 : 4334766986
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
追加情報
:
412p;16

内容詳細

ただ独りで音もなく犯罪者に食らいつく―。「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。突き止めた工房には、巧妙な罠が鮫島を待ち受けていた!絶体絶命の危機を救うのは…。超人気シリーズの輝ける第一作が新装版で登場!!長編刑事小説。

【著者紹介】
大沢在昌 : 1956年名古屋市生まれ。’79年「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞しデビュー。’91年『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、’94年『無間人形 新宿鮫4』で直木賞、2001年『心では重すぎる』、’02年『闇先案内人』と連続で日本冒険小説協会大賞、’04年『パンドラ・アイランド』で柴田錬三郎賞、’06年『狼花 新宿鮫9』で日本冒険小説協会大賞、’10年に日本ミステリー文学大賞、’12年『絆回廊 新宿鮫10』で日本冒険小説協会大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
新宿鮫シリーズは全て読んでいるが、この作...

投稿日:2021/04/25 (日)

新宿鮫シリーズは全て読んでいるが、この作品が出版されたのは多分90年代。久しぶりに読むとやはり時代の流れを感じます。この頃の鮫島は今よりもっと尖っていて、組織から外れて行動。(それは今もそうかも) シリーズの後の作品でも登場する主な登場人物が第1作目から登場。たまには読み直すのもいいもの。

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
面白くて一気読み間違いなしい。20年以上前...

投稿日:2021/04/22 (木)

面白くて一気読み間違いなしい。20年以上前に読んでから久しぶりに読んでみたが興奮しっぱなし。後続の毒猿もやめられない止まらないの名作。

浜っ子 さん | 愛媛県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
ヤクザもおののく新宿鮫と呼ばれる鮫島警部...

投稿日:2021/04/10 (土)

ヤクザもおののく新宿鮫と呼ばれる鮫島警部初登場の第一弾。後に描かれる鮫島の荒々しさは少々鳴りを潜めている。けれども、永遠に交わることのない香田警視や恋人の晶が早速登場しており、後にシリーズ化されることの期待が伺える。

たまちゃん さん | 奈良県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんたろー さん

    有名作ゆえに避けていたが「早く読めば良かった!」と思うほど面白かった。1990年刊らしいバブルの匂いがプンプンする歌舞伎町が懐かしいし、一匹狼のキャリア警部・鮫島という設定が当時としては新しかっただろう。鮫島を敵視する警視・香田、無気力な直属上司・桃井、銃器に詳しい鑑識・藪、4人の脇役もキャラ立ちしているし、警察オタクの存在が単純になりがちな事件を視点を変えて楽しませる。何よりヒロイン・晶の存在が眩く、歌い踊る姿とロケットおっぱいを想像して鼻の下が伸びてしまう。シリーズを読み進めるのが当然と思える満足度♬

  • みどり虫 さん

    読メで知ったいろいろなシリーズの1冊目に手を出して、それがおもしろくて、どれも続きを読みたくなっちゃって、もう私どうしたらいいのっ‼︎うぐぅあぁ〜〜っ‼︎…そんな2020 August。暑くて熱いぜ。ちょっと脳みそ溶け出し中。私いつどうしてこの話を鮫の刺青したヤクザの話だと思い込んだんだろうか。アホじゃなかろうか。ヤクザ嫌いの刑事の話だった。多少古臭く感じるのは仕方なし。だって今まで読まなかった私がアホなだけだから。さすが人気があるだけあって面白い。読み終えてすぐに次巻をポチッと。ぐふふふふ。早く届けー。

  • absinthe さん

    面白い。リアルとフィクションの間の絶妙な感じがいい。カルテットを読んでつながりで読んでみたが、正解だった。新宿の描写が良い。ポケベルや公衆電話など時代も感じさせて面白い。新宿以外でも、登場する地名がなじみ深い場所だったため余計にのめり込むことができた。シリーズ長そうなので今後も楽しみ。

  • ゆいまある さん

    全然古さを感じない(のは私が年だから)。面白い。すぐ読めるエンタメ犯罪小説。1990年新宿歌舞伎町。この時代のこの場所が脳裏に浮かぶ。誰ともつるまないヤクザ嫌いの刑事が悪者相手に大立ち回り(私が読むのってこんなのばっかりですね。何でだろ)。お巡りさんの銃撃戦とか有り得ないのに、改造銃とか、主人公の過去とか私の中の中二病が燃えます。矢沢あいNANAを巨乳にしたような恋人晶の存在もナイス。ラストで、それを改造銃にしたのか、ってなるけど、これ、40歳以下が読んでも多分全然ピンと来ないんだろうな。続編へ。

  • サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥) さん

    今更ながらの新宿鮫シリーズ初読み。面白かったです。新宿歌舞伎町で発生した警官狙撃事件。捜査方針に逆らい執拗に改造拳銃常習犯を追う「新宿鮫」こと刑事鮫島。キャリア組なのにドロップアウトした一匹狼のアウトロー鮫島、そんな刑事の彼女とは思えない女性ロックボーカリストの晶、昼行灯みたいに見えて実はキレ者と思える上司の桃井などなど。主人公のキャラクターもそうだが、周りを囲むキャラの設定も良く人気シリーズになるのはわかるなぁ。鮫島の握る秘密なども気になりますね。これは続きを読まないとなぁ。★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大沢在昌

1956年、愛知県名古屋市出身。慶應義塾大学中退。’79年、小説推理新人賞を「感傷の街角」で受賞し、デビュー。’86年、「深夜曲馬団」で日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞。’91年、『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞長編部門。’94年、『無間人形 新宿鮫4』で直木賞。2001年、’02

プロフィール詳細へ

大沢在昌に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品