沙耶の唄 星海社FICTIONS

大槻涼樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065138243
ISBN 10 : 4065138248
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
虚淵玄 ,  
追加情報
:
256p;19

内容詳細

虚淵玄の出世作『沙耶の唄』誕生15周年を記念し、あの『黒の断章』『Esの方程式』大槻涼樹がノベライズ!

【著者紹介】
大槻涼樹 : シナリオライター

虚淵玄 : Nitroplus所属のシナリオライター、小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 彼方 さん

    不幸な交通事故により家族を失った青年・匂坂郁紀。奇跡的に一命を取り止めた彼には、目に映るもの全てが醜く歪んでしまうという不思議な後遺症だけが残った…そんな郁紀の世界にとつぜん"うつくしい"少女、沙耶が現れ…。虚淵さんは数作知っている程度の浅いファンな自分でも名前は知っていた名作のノベライズ。事故をきっかけに起こる親友グループの崩壊…人の尊厳を踏みにじる残酷な行為やカニバリズム、全てが歪んでしまった世界で見つけた純粋な愛と…単純に否定しきれぬこれまた捻れまがった、とにかく感情が凄い詰め込まれた作品だなぁ…。

  • さな さん

    前々からゲームの方に興味が合ったので購入。思ったよりも過激で驚いた。狂気と現実の狭間でもがいている人々が怖い。誰も彼もが狂っていて、物語が進むほどゾワゾワする。クライマックスでは、不思議な感動を覚えた。イラストも美しい。孤独な者同士の郁紀と沙耶の惹かれ合って戯れる描写は可愛らしいとも思えるほどなのに、ホラーなシーンがあまりにも恐ろしくてギャップが凄い。ゲームもやりたくなる。

  • ささやか@ケチャップマン さん

    世界の全て蹴落としてでも誰かを選ぶ、という行いこそが純愛なのだとすれば、これはきっと純愛なのだろう。原作から離れることがありつつも忠実で誠実なノベライズ版。初心者にここから沙耶の唄を勧めたとしても決して不義理になれない出来栄えであった。なんと完全なる続編も来年発売とのことで、沙耶の唄がどこまで響き渡るのか、非常に楽しみだ。

  • くろう さん

    ゲーム史に大きな爪痕を残した衝撃作のノベライズ。原作は未プレイです。発売当初からやりたいやりたいだったんだけど、当時は年齢的に買えなかったんだよ・・・。読み始めたら止まらなかった。絶望、恍惚、純愛。帯が既に自分の感想を語っている。自分が見えている景色と他人が見えている景色は違う。ゆっくりと狂って行った青年と、じっくりと愛を育んだ少女のようなもの。しばらくタンポポに震え上がりそう。続編超期待して待ってます。

  • くさいぬ さん

    懐かしくて一気読み。ホラー描写が独り歩きしている本作だが、その本質は認識や理性を超えた破滅的な純愛なんだと再認識した。やっぱ沙耶超可愛い。萌え〜(死語)。 基本的に狂っている人間しか出てこないし、みな自分は正気だと思ってる(思おうとしている)から手に負えない。被害者と加害者の立場が目まぐるしく入れ替わる展開も、理性と狂気の境界の不確かさを際立たせていて良い感じでした。沙耶への愛に狂うことでしか狂った世界で理性を保てない、皮肉で孤独な郁紀は典型的なゼロ年代主人公過ぎる…懐かしくて涙出てきた…セカイ系最高……

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品