Sfの書き方 -「ゲンロン 大森望 SF創作講座2016-2017」 全講義録(仮)

大森望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152096845
ISBN 10 : 4152096845
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
288p;19

内容詳細

2016年4月、書評家・翻訳家・SFアンソロジストの大森望を主任講師にむかえて開講した「ゲンロン大森望SF創作講座」。東浩紀、長谷敏司、冲方丁、藤井太洋、宮内悠介、法月綸太郎、新井素子、円城塔、小川一水、山田正紀という第一線の作家陣が、SFとは何か、小説とはいかに書くかを語る豪華講義を採録。各回で実際に与えられた課題と受講生たちの梗概・実作例、付録エッセイ「SF作家になる方法」も収録の超実践的ガイドブック。

目次 : SFの書き方 講義篇(ゲンロンSF創作講座へようこそ(大森望)/ 定義(東浩紀・小浜徹也)/ 知性(長谷敏司)/ 構成(冲方丁)/ 情報(藤井太洋)/ 梗概・実作講評篇(宮内悠介)/ 論理(法月綸太郎)/ 家族(新井素子)/ 文学(円城塔)/ 宇宙(小川一水)/ 神(山田正紀))/ SFの書き方 実作篇(二本目のキュウリの謎、あるいはバートレット教授はなぜ時空犯罪者を支持することにしたのか?(崎田和香子)/ コランポーの王は死んだ(高木刑))

【著者紹介】
大森望 : 1961年、高知生まれ。書評家・SF翻訳家・SFアンソロジスト。2013年には『NOVA』全十巻で第三十四回日本SF大賞特別賞、第四十五回星雲賞自由部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chiseiok さん

    大好物の文章作法、小説技術系。この類いは小説と違って、いつ文庫化なるか、そもそもなるかどうかも不明、我慢しきれずに単行本購入。実際の創作講座で提出されたあらすじをゴージャスなプロ作家陣がリアル評価するという構成が新鮮めちゃ面白い。まるで商業建築家のようなスタンスの冲方氏、言霊頼み全開の新井氏、コントラストが素敵です。そして御大山田正紀氏のコメント、勝手に要約すると”大多数読者は常識外れの斬新な物語よりハリウッド式セオリー通りのプロットが好き”…って鋭い!う〜んディテール抜きで突き詰めると自分もそうかも…。

  • たか厨 さん

    令和最初の読了本。大森望氏を主任講師に、月一回、SF作家をゲスト講師に迎え、2016年4月から1年間に渡り、行なわれたSF小説の書き方を教える講座。その講義録と受講者が提出した梗概と実作を収録した書籍。過去に脚本講座を受け、自分に創作の才能はないと自覚したが、このSF創作講座が「聴講生(講義を聴くだけで、実作の添削等はしてもらえない)」を現在募集中と聞きつけたので、募集に応じるかの判断材料として本書を取り寄せた。各作家ごとにSFに対するスタンスや執筆方法の違いが語られ、興味深かった。これは応募しようかな

  • よよ さん

    小説の創作論としてまた読んでみました。SFに限らず、文章を的確にまとめて、相手に伝えるというのは難しいものです。基本的な梗概から、魅力的なアピール文の書き方まで丁寧に書かれていました。SFや他ジャンルで活躍している小説家たちからのお題に、様々なアイデアで臨んでくる受講生たちのレベルの高さに驚いてしまいます。どうやったら独創的なアイデアを思いつくのか、教える立場としてとても気になりました。小川一水さんは、日常的に物理現象について思索しているそうで、周りの不可解な疑問に対して敏感でありたいと思いました。

  • 小太郎 さん

    ハウツー物かと思ったら、大森望が主任講師となった「ゲンロンSF創作講座」の講義録、一流作家(冲方丁、藤井太洋、宮内悠介、法月倫太郎,新井素子、円城搭。小川一水、山田正紀)のSFとは何かが語られていました。受講生の梗概(これ結構重要なんだと再確認)が中心の内容ですが、実作を含めどれもがハイレベルなのには驚きます。SF好きな人じゃなくても十分に楽しめる内容。新井素子の執筆の異常さ(良い意味です)や円城が語る文学賞の傾向と対策は気に入りました。

  • 緋莢 さん

    冲方丁「まずは梗概を何度も練習したほうがいい」、藤井太洋「フォーマットを変えるだけで別の人格、別の目が使える」、新井素子「浮かんだ言葉を足掛かりにして、とりあえずキャラクターを作っちゃう(中略)何でもいいからひたすらその子に喋らせる。そうすると喋り方と喋る内容で、キャラクターができてくる。」SFとは何か、どうすればSFを書くことができるのか?第一線で活躍する超豪華執筆陣による講義と毎回のテーマに沿って提出された受講生の梗概と、実作例を収録。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森望

1961年、高知市生まれ。京都大学文学部卒業。書評家、SF翻訳家、アンソロジスト。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品