独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 岩波新書

大木毅

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784004317852
ISBN 10 : 4004317851
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
大木毅 ,  
追加情報
:
248p;18

内容詳細

これは絶滅戦争なのだ」.ヒトラーがそう断言したとき,ドイツとソ連との血で血を洗う皆殺しの闘争が始まった.日本人の想像を絶する独ソ戦の惨禍.軍事作戦の進行を追うだけでは,この戦いが顕現させた生き地獄を見過ごすことになるだろう.歴史修正主義の歪曲を正し,現代の野蛮とも呼ぶべき戦争の本質をえぐり出す.

[目次]
はじめに 現代の野蛮
 未曾有の惨禍/世界観戦争と大祖国戦争/ゆがんだ理解/スタートラインに立つために

第一章 偽りの握手から激突へ

第一節 スターリンの逃避
 無視される情報/根強い対英不信/弱体化していたソ連軍
第二節 対ソ戦決定
 征服の「プログラム」/想定外の戦局/三つの日付/陸軍総司令部の危惧/第一八軍開進訓令
第三節 作戦計画
 マルクス・プラン/ロスベルク・プラン/「バルバロッサ」作戦


第二章 敗北に向かう勝利

第一節 大敗したソ連軍
 驚異的な進撃/実情に合わなかったドクトリン/センノの戦い/自壊する攻撃
第二節 スモレンスクの転回点
 「電撃戦」の幻/ロシアはフランスにあらず/消耗するドイツ軍/「戦争に勝つ能力を失う」/隠されたターニング・ポイント
第三節 最初の敗走
 戦略なきドイツ軍/時間は浪費されたのか?/「台風」作戦/二度目の世界大戦へ


第三章 絶滅戦争

第一節 対ソ戦のイデオロギー
 四つの手がかり/ヒトラーの「プログラム」/ナチ・イデオロギーの機能/大砲もバターも/危機克服のための戦争
第二節 帝国主義的収奪
 三つの戦争/東部総合計画/収奪を目的とした占領/多元支配による急進化/「総統小包」
第三節 絶滅政策の実行
 「出動部隊」の編成/「コミッサール指令」/ホロコーストとの関連/餓えるレニングラード
第四節 「大祖国戦争」の内実
 スターリニズムのテロ支配/ナショナリズムの利用/パルチザン/ソ連軍による捕虜虐待


第四章 潮流の逆転

第一節 スターリングラードへの道
 ソ連軍冬季攻勢の挫折/死守命令と統帥危機/モスクワか石油か/「青号」作戦/妄信された勝利/危険な両面攻勢/スターリングラード突入/ネズミの戦争
第二節 機能しはじめた「作戦術」
 「作戦術」とは何か/「赤いナポレオン」の用兵思想/ドイツ東部軍の潰滅を狙う攻勢/解囲ならず/第六軍降伏/戦略的攻勢能力をなくしたドイツ軍
第三節 「城塞」の挫折とソ連軍連続攻勢の開始
 「疾走」と「星」/「後手からの一撃」/暴かれた実像/築かれていく「城塞」/必勝の戦略態勢/失敗を運命づけられた攻勢/「城塞」潰ゆ


第五章 理性なき絶対戦争

第一節 軍事的合理性の消失
 「死守,死守,死守によって」/焦土作戦/世界観戦争の肥大化/軍事的合理性なき戦争指導
第二節 「バグラチオン」作戦
 戦後をにらむスターリン/「報復は正義」/攻勢正面はどこか/作戦術の完成形
第三節 ベルリンへの道
 赤い波と砂の城/「共犯者」国家/ドイツ本土進攻/ベルリン陥落/ポツダムの終止符
終章 「絶滅戦争」の長い影
 複合戦争としての対ソ戦/実証研究を阻んできたもの/利用されてきた独ソ戦史

 文献解題
 略称,および軍事用語について
 独ソ戦関連年表
 おわりに


大木 毅(おおき たけし)
1961年生まれ.立教大学大学院博士後期課程単位取得退学(専門はドイツ現代史,国際政治史).千葉大学ほかの非常勤講師,防衛省防衛研究所講師,陸上自衛隊幹部学校講師などを経て,現在,著述業.
著書─『 「砂漠の狐」ロンメル』(角川新書,2019),『ドイツ軍事史』(作品社,2016)ほか
訳書─ エヴァンズ『第三帝国の歴史』(監修.白水社,2018─),ネーリング『ドイツ装甲部隊史1916─1945』(作品社,2018),フリーザー『「電撃戦」という幻』(共訳.中央公論新社,2003)ほか

【著者紹介】
大木毅 : 1961年生まれ。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学(専門はドイツ現代史、国際政治史)。千葉大学ほかの非常勤講師、防衛省防衛研究所講師、陸上自衛隊幹部学校講師などを経て、現在、著述業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    近代戦で国家と国家が総力を挙げて広い国境線を巡って、戦うとこうなると言う貴重な事例だなと思う。日本は狭い島嶼戦になるしイメージしづらいが、中々大陸上の戦いって海という隔たりがないから悲惨なものになると知った。にしても悲惨と言うしかないレベルで犠牲者が多過ぎるし、今後は核兵器による戦争中心になるので、こういう事が起きにくいとは思うが、こういう戦争が第二次世界大戦であったことも忘れてはならない。

  • Takeya さん

    1942年のドイツ軍夏季攻勢は、日本に当て嵌めれば日本海の沖合から関東平野に至る空間に相当する広大な地域で実行された。また独ソ戦全体での死者は数千万。しかもこの数字には戦死者のみならず飢餓や虐待、ジェノサイドによって死に至った者も含まれている。そうした惨戦は必ずしも狂気や不合理によって生じたものではない。人種差別、社会統合の為のフィクションであった筈のイデオロギーの暴走、占領地からの収奪に訴えてでも、より良い生活を維持したいという民衆の欲求、様々な要因が複合し、惨憺たる戦争を引き起こした。

  • 蜻蛉切 さん

    「独ソ戦」の入門書として最適な良書との印象。 アカデミックな研究の成果を我々の様な「非アカデミック」な人間でも理解できる様、整理して提示してくれている。 以前にも書いたが、自分の世代は著者が厳しく批判している「パウル・カレル」の洗礼を浴びた世代だし、「国防軍善玉」論的なスタンスの書籍しかなかった時代(素人向けにはという意味)だったので、本書の内容とは随分違った理解が主流であったので、隔世の感アリだ。 我が国でも漸く「軍事史」に光が当たりだした気がする。 巻末の参考文献もグッドです。

  • 1959のコールマン さん

    ☆3.5。うむ。独ソ戦という壮大なテーマを扱うには新書サイズでは全然足りない。自分としてはまあまあ満足点と言える内容だが、案の定アマゾンではあれが足りないこれが足りないこれが間違っている等の評が出ている。また、副題の「絶滅戦争の惨禍」という部分が薄すぎるので、今後はその方面からも文句が来そうだ。

  • さとうしん さん

    独ソ戦を通常戦争・収奪戦争・絶滅戦争という三種類の性格が複合した「複合戦争」と位置づけ、戦局の悪化とともに絶滅戦争としての性質が濃厚となっていったので、軍事的合理性を逸脱した虐殺が行われるようになったこと、また収奪・絶滅戦争を志向するヒトラーと、独ソ戦を通常戦争と認識する国内の軍人や外国との齟齬が合理性なき戦争指導と和平の拒絶につながったさまを描き出す。戦争観の違いへの着目は、他の戦争を考えるうえでも応用が利きそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品