あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語

大平一枝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416516591
ISBN 10 : 4416516592
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

ものづくりや暮らしに関わる様々な著名人の「宝物」を通し、豊かな生き方やものごとの捉え方のヒントをさぐるエッセイ集。

【著者紹介】
大平一枝 : 作家、エッセイスト。長野県生まれ。大量生産、大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに各誌紙に執筆。著書多数。朝日新聞デジタル&w『東京の台所』連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘタレ女王再び さん

    初読みの作家さん。 メジャーではないけれど、地道に仕事に取り組んでいる各界の方との対談形式で話は進み、最後に その方の心の引き出し と題して 3つ 生きる上でのモットー、何を大切にしているのかを短文で表現してもらっている。 その 心の引き出し部分が特に好きだ。 訪ねていかれそうな店は 行ってみようと思う

  • 小太郎 さん

    人生の起点になった大切な物。各界の16人に聞いたフォトエッセイです。あまりメジャーな人は少ないけれど、それぞれのドラマはとても心に沁みました。中でも田村セツコ「バレリーナのポスター」岡崎武志「全国古本屋地図」ひがしちか「シアタープロダクツのコート」春風亭一之輔「初めてもらった給金袋」鋤田正義「母に買ってもらった二眼レフカメラ」蛭子能収「同僚から餞別にもらった腕時計」が気に入りました。写真がどれもビビッドで雰囲気があり素敵な一冊でした。

  • さすらいのアリクイ さん

    イラストレーター、落語家、書評家など色々なお仕事をされている方たちの宝物、仕事、人生の中での出来事についてのお話が載っているインタビュー集。この本に書評家の岡崎武志さんのお話が載っているのを知ったので読んでみました。岡崎さんの宝物は教員時代に使っていた万年筆と、全国の古本屋の情報が載っている本。万年筆に噛んだ跡がついているのは何故か。古本屋の本に岡崎さんが新しい情報を書き込んでいるのは何故かなど。岡崎さんも他の方も、宝物が宝物になるまでのお話をされています。それぞれの方の人生と宝物がわかる本です。

  • momo さん

    初めて知り初めて読んだ作家さんでした。 各方面で活躍する方達の宝物を紹介しながら、その人の生き方や考え方を掘り下げていく。キラキラした表現に虜になりました。他のエッセーも読んでみたい。

  • 今庄和恵@神戸元町コネクトロン さん

    日本の子供に宝物はなにか?と尋ねるとおもちゃとか物ばかりをあげ、イタリアの子は家族と答える、ってテキストがあり、だから日本人は的な結論になってました。それと同じで(同じなのか?)出会いとか思い出のようなものがあげられているのかなと思っていたらほんとに「物」でした。どれもその方の仕事の価値観、美意識を如実に現し、その根幹につながっている。宝物と出会えたタイミングはどなたも人生のわりと早い時期のようだけど、自分の根っこってのはやはり早くに出来上がっているのだろうな。アンテナにひっかかったものは大切に。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大平一枝

作家、エッセイスト。長野県生まれ。大量生産、大量消費の社会からこぼれおちるもの・こと・価値観をテーマに、各誌紙に執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品