不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか

堀越英美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027159
ISBN 10 : 4309027156
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;19

内容詳細

2018年、小学校で道徳が正式教科に!!ごんぎつねに感動させてどうする気?不肖母さんライターがモノ申す、日本の「道徳」解体新書。

目次 : 第1章 読書と「道徳」(道徳教育のための読書/ かつて小説は有害メディアだった―明治二〇年代までの小説観/ バイオレンス上等!日本児童文学の夜明け/ 少年雑誌で作られた男らしさ規範/ 婦徳から「愛され」道徳へ/ 文学で「堕落」した若者たち―自我の目覚めと修身/ 俗悪バッシングと推薦図書の誕生)/ 第2章 「道徳」としての母(自己犠牲する母はなぜ「泣ける」のか/ 母性幻想の誕生/ 母性による女性解放/ 母性と愛国)/ 第3章 感動する「道徳」(二分の一成人式とママへの感謝が育むもの/ 巨大組体操は誰のため?/ ありのままは本当にありのままか/ ごんぎつねは二度死ぬ―国語教科書が悲しい理由)

【著者紹介】
堀越英美 : 1973年生まれ。ライター。早稲田大学第一文学部卒業。著書に『萌える日本文学』(幻冬舎)、『女の子は本当にピンクが好きなのか』(ele−king books)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おかむら さん

    我が子に無償の愛を注ぐ母のイメージ(道徳観)はどのように作られたのかを検証。明治時代から文献を調べる不道徳なのに真面目な内容だけど所々にはさまるツッコミが楽しい。そして最近多くの小学校でやってるらしい二分の一成人式、気持ちわりー。我が子のときに無くて助かった。なんでみんなそんな感動して泣きたいの? とあらゆる式で泣いたことがない私はかねがね不思議。

  • assam2005 さん

    一部、内容とタイトルに齟齬があるようにも思えましたが…。「子供に対する無償の愛を課せられた」母親像に引っ掛かりを感じる。何故父親には課せられないのか。植え付けられた意識なのだと自覚すると何となく寂しく感じます。そして、二分の一成人式や作文の学校側の意図についても、「誰のためか」を考えると一気に冷めて見える。親や年齢、肩書で尊敬することを覚えさせてしまうことは、本心と見せかけの二面をあわせ持ち、使い分けろと言ってるように思えた。知らぬ間に意識を植え付ける教育って怖い…。

  • PAO さん

    「「母親だから」と母性幻想の持ち主に自己犠牲を求められたら、ふてぶてしく突っぱねて、女や母親にも自我があることに慣れていただこう」…「母性幻想」「自己犠牲」「愛国心」が捻じれて今の日本の理不尽な社会になったということがよくわかりました。為政者たちは国民が「自我」というやっかいなものに目覚められると面倒なので「道徳」「母性愛」「ごんぎつね」といった武器を用いてそれを必死に阻止しようとするのでしょうね。明治時代には「小説を読むと早死にする」と真面目に主張されていたとは…「読メ」ユーザーはみんな早死にですか〜?

  • 松本直哉 さん

    富国強兵の明治の文学でバイオレンス上等の男子の「やんちゃ」が積極的に評価されたが、敗戦後軍隊がなくなり行き場をなくした「やんちゃ」は女子に矛先を変え、石原慎太郎の太陽の季節などを境にしてスカートめくりなどの女子へのいじめが横行、それがセクハラに寛容な今の世の中につながっているという指摘は目新しかったがなるほどと納得した。卒業式での群読や二分の一成人式などの学校の奇妙な道徳観の淵源を明治の文学に遡って丁寧に辿っていて大いに勉強になりました。

  • 青龍 さん

    図書館本。タイトルが気になって借りたもの。色々と勉強になったし、考えさせられたけど、内容とタイトルが、合ってない気がする。エライ人たちが、「これが、正しい(望ましい)子供の姿」って指針を示したいのは、昔も今も変わらない。いまだに、「推薦図書」なんてものがあるし、子供の頃「本くらい好きに読ませてくれよ」と思ったね。学校の道徳や作文は、ほとんどの子供は「教師が望んでいること」をわかっていて、それに沿った対応をしているのに、気付いていないのか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品