僕のヒーローアカデミア 20 ジャンプコミックス

堀越耕平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088815664
ISBN 10 : 4088815661
フォーマット
出版社
発売日
2018年09月04日
日本
追加情報
:
200p;18

内容詳細

一年に一度催される夢の宴(文化祭)。学徒たちによる趣向を凝らした催し物で悦楽に浸る者たちがいる一方、心に闇を抱く者がいるのも事実。ならば皆を笑顔にしてこそヒーロー! “Plus Ultra”!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • exsoy さん

    笑ったエリちゃんかわいかった。/No1さん…

  • トラシショウ。 さん

    「ジェントルは私の光よ!私からジェントルを奪わないでよ!」。雄英文化祭開催直前の犯罪動画投稿者・ジェントル・クリミナルとの苦い戦いの顛末から、耳郎響香の魅力が爆発する文化祭を経て、上位ランカーが続々登場のヒーローランキング発表を挟んでのNO2・ホークスと共に改人・脳無ハイエンドとの死闘に臨む現状NO.1ヒーロー・エンデヴァーの苦闘の導入まで。ベストジーニスト、アレで死んでなかったんかい(笑)。激動の本筋よりも、ラブラバとジェントル、社会からはみ出すしかなかった者達の悲哀が読ませるなぁ(以下コメ欄に余談)。

  • わたー さん

    ★★★★★ジェントルとラブラバ。ヒーロー社会には馴染めず、爪弾きにされた彼ら。やっていた行為自体は決して褒められるものでは無いが、たった1人の少女を救うためにヴィランたらんとした彼の心意気だけは、まさしくヒーローであった。願わくば、彼に再起の道を。

  • りんりん さん

    どうなるエンデヴァー!!! 次巻期待。

  • りるぷん さん

    前半は文化祭の裏で繰り広げられるヒーローになれなかった男と出久の戦い熱く面白かったです。この2人と超依存っ子ラブラバがめちゃ良い味出してる。ラブラバ評価爆上がりでした。後半はエンデヴァーの話なのですがこれも凄い良い話そう。結末は次巻以降だろうけど最初の掴みからしてゾクゾクウルウルくる展開に続きがとても気になります。最初からこの設定なのか後付け設定なのかわかりませんが、エンデヴァーの父としてヒーローとしての物語に期待したいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

堀越耕平

愛知県出身。漫画家。2006年の第72回手塚賞佳作を受賞。2010年に『逢魔ヶ刻動物園』で週刊少年ジャンプ連載デビュー

プロフィール詳細へ

堀越耕平に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品