ブルーライト 体内時計への脅威 集英社新書

坪田一男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087207163
ISBN 10 : 4087207161
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
194p;18

内容詳細

スマートフォン、LED照明・・・・・・今や日常生活の至る所で使用されるブルーライト。その光は眼に、そして人体に深刻な影響を与えている。増え続けるブルーライトへの警鐘と対策を伝授する初の一般書。

【著者紹介】
坪田一男 : 1955年東京生まれ。慶應義塾大学医学部眼科教授。日本抗加齢医学会理事長。80年慶應義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許を取得。85年米国ハーバード大学留学、87年角膜クリニカルフェロー修了。高齢化社会の視力の問題にも視野を広げ、日本におけるアンチエイジング医学の研究と導入に本格的に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • WATA さん

    古来より、人間は太陽の光に合わせて生活してきた。しかし最近、スマホやLED照明などから出るブルーライトがその生活リズムを崩し、健康も損なっているという。朝と昼にはたっぷり光を浴び、夜にはあまり光を浴びないことの大切さが分かる1冊。読むとブルーライト軽減メガネが欲しくなる。

  • 501 さん

    ブルーライトは太陽光に含まれ、体内時計の基準として生物の生命活動に重要な役割を担っている。それが故に現代の昼夜構わずブルーライトを浴び続ける環境は人へ影響として体内時計の乱れとしてあらわれる。その仕組みはまだ研究段階であり明らかになっていない部分が多くあるとのことだが、本書では研究成果を実例とともに無理な推測なしに説得力のある内容となっていて、ブルーライトとの付き合い方を考えさせる。まずは就寝前のパソコンとスマホはやめる。

  • kinkin さん

    24時間周期の体内リズム=サーカディアンリズムを保つ健康を維持するためにブルーライトは必要不可欠なものである。しかし、LED照明や液晶ディスプレイの普及により、終日ブルーライトを浴びることが増えることでサーカディアンリズムの乱れで睡眠障害やメタボなどのリスクを高める。また目への影響も懸念されると著者は書いている。就寝前のパソコンやスマホの使用がメラトニンというホルモンの分泌量のも関係しており、ブルーライトについてこれから、いっそうの24時間生活の増加に伴い考えるべき問題であると感じた。

  • kubottar さん

    家の電灯はほぼLEDだからちょっと怖くなった。夜寝る2時間前からスマホやPCモニターを見ないようにするとよく眠れるのは実感した。

  • MOKIZAN さん

    いしだあゆみさんは「街の明かりを綺麗にする」と唄っていましたが。物が何であれ、ブルーライト発行体と長時間対座してはいけない、とくに就寝2時間(慈悲をいただいて最短1時間)前には、相対しないようにとのこと。己の身に還ってくることなので、心しようがしまいがはご本人次第ですけど。眼球は「(頭蓋)骨の外に出た脳味噌」といわれるくらい、脳へ影響を与えやすい部位ですので、その辺のところも考慮しましょう。併せて、本書には載っていませんが、立川志の輔の番組で、黄色がブルーライトを吸収すると言ってたことを思い出しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坪田一男

慶應義塾大学医学部眼科学教室教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 看護師におすすめの本 ナースのための薬の事典や、看護の現場ですぐに役立つ医療ガイドをご紹介いたします。 |2018年07月11日 (水) 12:00
    看護師におすすめの本
  • NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻 科学者たちは語る。「人体の真の姿は、巨大なネットワークだ」いま、医学の世界で起きている大転換。最新科学が明らかにした... |2018年01月16日 (火) 18:08
    NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品