蘇我氏の古代学 飛鳥の渡来人

坂靖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787718068
ISBN 10 : 4787718061
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
坂靖著 ,  
追加情報
:
262p;21

内容詳細

飛鳥に大王を招き入れたのが蘇我氏である。蘇我氏が渡来人のリーダーとなり、先進的、開明的な思想をバックボーンにもちながら、飛鳥の地を大規模開発し、そこに大王を招き入れた…蘇我氏はまさに飛鳥とともにあった。五〜七世紀の東アジアと蘇我氏の興亡。

目次 : 序章 乙巳の変『日本書紀』の虚実と考古学/ 1章 5世紀の倭国/ 2章 渡来人の原郷 蘇我氏の出自を探る/ 3章 蘇我氏の登場/ 4章 蘇我氏がつくった飛鳥 蘇我氏四代の居宅と墳墓/ 終章 その後の飛鳥「日本国」の誕生

【著者紹介】
坂靖著 : 1961年生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了、博士(文化史学)。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館学芸課長を経て、2018年より奈良県教育委員会文化財保存課課長補佐(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レアル さん

    歴史のバックグラウンドに紙面を割き過ぎていて、肝心の蘇我氏に辿り着くまでが長い。かつ総括的に捉えるプロットなのか、広く浅く網羅しているというと聞こえが良いが、もう少し蘇我氏に特化したものを読みたかった。こちら蘇我氏は渡来人説を唱えている。渡来人説を唱えるなら、稲目以前の蘇我氏について日本に入ってた後どのようにして勢力を広め、また同じ渡来人同士の東漢氏等を家来にするなど渡来人のリーダーになれたのかという渡来人同士の力関係の部分の記述まで欲しかった。

  • 月をみるもの さん

    文献だけから蘇我氏渡来人説をありえねー、とか言ってる人もいる。しかし、考古学的が明らかにしている当時の活発な人の行き来と、彼我の文化勾配を考えれば(たんなる技術移民でない)蘇我氏クラスの氏族が半島出身である可能性は十二分にある。

  • どら猫さとっち さん

    蘇我氏のルーツは、どこにあるのか。そしてその当時の日本は?古墳時代から飛鳥時代へ。日本はどのように変わったかが興味深い一冊。中国や朝鮮との関わり、日本国の誕生から神話から天皇へが、こと細やかに綴っていて、読んでいて面白い。専門書に近いので、とっつきにくさはあるが、古代史に興味がある人は是非読んで欲しい。

  • NyanNyanShinji さん

    考古学の視点から古代倭国の成り立ちをほどいてゆく。著者のフィールドは日本全国にとどまらず、朝鮮半島にまでをカバーしており、墳墓・副葬物の共通性を通して半島と倭国で互いに及ぼした影響を通して蘇我氏のルーツとそして蘇我氏が渡来人とともに作り上げ,大王家を迎えた飛鳥についてせまる。スリリングな一冊であった。

  • ナオ さん

    蘇我氏の出自を渡来人とする新説。蘇我氏の出現までが少し長いか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品