プログラム

土田英生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025384
ISBN 10 : 4309025382
フォーマット
出版社
発行年月
2017年02月
日本
追加情報
:
240p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 西 さん

    好きな劇団「MONO」代表の土田英生さんの舞台「燕のいる駅」の小説版。舞台は駅舎だけで完結する作品だけど小説は外の世界も色々描かれていて趣きは少し異なる。どうしても舞台のシーンを思い出して読んでしまうけど、舞台観ていない人はどう感じるのだろう。SF的なものを求めて読む人がいたら勘違いされそうな気がする。小説上では扱いがかなり少なくなってしまったが、舞台と同じでやはり駅員と売店店員の二人のストーリー、心の動きが好きな作品。土田さんらしい作品だと思った

  • ら゛ さん

    本日1冊目。図書館本。う〜ん・・・、なんなんだこれ?ぶつ切りを1つに集めただけって感じ。刺身盛り合わせみたいに美味しいものがたくさんあれば全く問題ないし、いくつかのエピソードがラストで1つになっているならいいんだけど、そう感じられなかったし、ラストも中途半端な感じがしたし、とにかくなんかよく分からなかった。映像のプロらしいが、映像作品として観たら感想変わるのかもしれませんが、小説としては正直ガッカリでしたね。

  • rosetta さん

    ★★☆☆☆東京湾上の人工島に作られた日本らしさを表したテーマパーク「日本島」。と言う設定に全く何の意味もない。ただ繰り広げられる無駄話。夢のエネルギー源MG 発電とは水からガスを取りだす、ってもうそれだけで説得力のない嘘じゃん。だから人類が滅ぶなんて言われても、ちっとも迫るものがない。悪い意味での作り事ばかりの一冊。

  • 法水 さん

    劇団MONOの主宰・土田英生さんの実質的な小説家デビュー作(自身の戯曲のノベライズは出したことあり)。日本らしさをテーマにした人工村・日本村を舞台にしたオムニバスで、ベースになっているのはMONOの代表作『燕のいる駅』。空に赤い雲のようなものが現れ、世界の終わりが近づいているという設定なのに、登場人物たちはいたってのどかで、挿入されるエピソードも人間の滑稽さを描いたものばかり。もっと日本村という設定を深く掘り下げて欲しかったけど、ラストにはホロリとさせられた。

  • サニー さん

    舞台を見るのが好きで、その中でもMONOの舞台が好きで毎年観てる。演出家の土田さんが小説を出したから買いたいと思ってたけど、今回劇場でやっと買えました。土田さんらしい優しくて笑えて怖くて、とっても切ないお話だった。SFは苦手だからどうなるかと思ったけど、すっかり小説の世界に入り込めた。四月からは崖っぷちホテルの脚本も書かれるそうで。めちゃくちゃ楽しみにしています。絶対に面白いはず。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

土田英生

1967年生。劇作家・演出家・俳優。劇団「MONO」代表。99年、『その鉄塔に男たちはいるという』にて、OMS戯曲賞大賞受賞。2001年、『崩れた石垣、のぼる鮭たち』にて、芸術祭賞優秀賞受賞。テレビドラマや映画脚本なども執筆多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品