影の告発 千草検事シリーズ 土屋隆夫コレクション 光文社文庫

土屋隆夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334732974
ISBN 10 : 4334732976
フォーマット
出版社
発行年月
1970年01月
日本
追加情報
:
16cm,474p

内容詳細

「あの女が…いた…」そう言って、デパートのエレベーターの中で男が死んだ。手がかりは、落ちていた名刺とこの言葉だけ。被害者の周辺から疑わしい人物の名前が挙がってくるが、決定的証拠が掴めない。そして被害者の過去の鍵を握る少女の影。千草検事と刑事たちは真実を追いかける―。日本推理作家協会賞受賞の名作。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 戦後間もなく本格探偵小説作家として活躍...

投稿日:2009/11/28 (土)

 戦後間もなく本格探偵小説作家として活躍、松本清張登場以後、社会派推理小説全盛時代も本格探偵小説の牙城を守り続け、本作でピークに達する。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 山下哲実 さん

    昭和30年代に書かれただけあって、読み始めは古臭い感じがしました。しかし、読み進めていくうちに面白さがじわじわと感じられる小説でした。なかなかハラハラさせるストーリー展開は絶妙です。

  • hit4papa さん

    千草検事と、刑事たちが地道な捜査で、アリバイを崩していくという本格ミステリです。見破るのには難易度の高いトリックを楽しむことができます。各章冒頭の正体不明の少女モノローグが、単なる謎解きに終わらせない味わいを感じさせます。千草検事がそれほど魅力的ではないのが難点でしょうか。

  • Mark.jr さん

    千草検事シリーズ第1作。大ネタはアリバイトリックですが、動機の謎や、被害者が残した「あの女がいた」という言葉の意味などが絡み合い、読みごたえを増しています。犯人の単純ミスが起点になるのはクイーンの「エジプト十字架の謎」を思い出しますが、ラストの締め方に作者の美学が見えます。

  • 白い風 さん

    ★★★旅行写真と電話を使ったトリックでしたね。(今じゃ完全に古典的手法だけどね)この作品も各章の冒頭に謎の少女の病院でも描写がミステリ性を高めます。容疑者のアリバイ崩しと動機探しが主なストーリーでした。ただ、偶然落ちていた名刺がたった5枚で容疑者を特定はちょっとビミョウ・・・。これが無かったらほぼ捜査線上に出てこない完全犯罪?

  • wm_09 さん

    犯人だと思しき人物は物語初期から名探偵によって提示されている。名探偵は推理し間違えないという前提があるので、犯人ははじめから判明している、メタ推理が大体おいて適用されてしまう。事件の背景を探ることにかなりの比重を置いていることから、かなりサスペンスに近いものとなっているものの、冗漫に進んでいくせいでサスペンスな気持ちは味わえない。残念。(ローウェル嬢)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品