カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 ブルーバックス

土屋健

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065020180
ISBN 10 : 4065020182
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

恐竜だけが古生物じゃない!前恐竜時代にもさまざまな古生物が生きていた。三葉虫が繁栄し、アノマロカリスがカンブリア紀の覇者となる。デボン紀にはアンモナイトの仲間がまっすぐのびた円錐形からしだいに丸くなり、ティクターリクが“腕立て伏せ”をはじめる。古生代最後のペルム紀には、イノストランケヴィアをはじめとする単弓類が覇権をにぎる!ダイナミックかつドラマチックな古生代の物語。100点に及ぶ精緻なカラーイラスト&化石写真で解説!

目次 : 第1章 勃興(物語の幕が上がる/ 部品の化石? ほか)/ 第2章 節足動物と軟体動物の支配(時代は第2幕へ/ 最近注目のフェゾウアタ ほか)/ 第3章 革命(変化の時代/ カンブリア紀の“最後の生き残り” ほか)/ 第4章 祖先たちの王国(最初に名づけられた時代/ 先陣 ほか)

【著者紹介】
土屋健 : オフィスジオパレオント代表。サイエンスライター。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の記者編集者、サブデスク(部長代理)を経て2012年に独立し、現職

田中源吾 : 1974年、愛媛県生まれ。島根大学理学部地質学科卒業。博士(理学)。専門は古生物学。群馬県立自然史博物館・学芸員、海洋研究開発機構・研究技術専任スタッフ、熊本大学合津マリンステーション・特任准教授を経て、金沢大学国際基幹教育院・助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • そふぃあ さん

    小さい頃本棚にあった分厚い恐竜図鑑の、カンブリア紀のページが好きで繰り返し読んでいた。それから20年ほど経って、ハルキゲニアの足がどっちなのか解明されたり、脊椎動物の祖先からピカイアが外れたのを本書で知りました。デボン紀も板皮魚類ダンクレオステウスがいるから好き。あとティクターリクって肉鰭類も愛嬌のある顔をしていて良い。本書はペルム紀までで終わりなので、恐竜以前の古代生物が好きな人におすすめ。

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    #感想歌 カンブリア三葉虫とハルキゲニア、アノマロカリス・カナデンシス ビッグファイブ大量絶滅五度あった三葉虫や魚類恐竜

  • 文章で飯を食う さん

    アノマロカリスから始まり恐竜の手前まで。あまり知らない部分なのでおもしろく読めた。びっくりしたのは魚類と言う分類群は無いこと。爬虫類から哺乳類が進化したのでは無く、両生類→単弓類→哺乳類だとか。(さらに細分化も有り。)イラスト多数。ティクターリクは好きだな。次は中生代を出して欲しい。

  • 中島直人 さん

    (図書館)ビジュアルだけ見てても十分に面白い。まだまだ日々進化している学問分野らしく、理論的な分析はあまりなく、百科事典的な本。

  • ryo さん

    古生物たちの繁栄と絶滅の歴史。古生物といっても恐竜以前。主にカンブリア紀くらいしか知らないので楽しめるか不安だったが、カンブリア紀はもちろん、オルドビス紀からーペルム紀までのそれぞれのスターや覇者などがどういう流れで出てきたか。海の中の世界から陸上世界への上陸への挑戦。最後は哺乳類の祖先が含まれている単弓類、が覇者となるところまで。なんか感動。(その後中生代には恐竜に天下とられちゃうんけど)色々でてきたけど、やっぱりアノマロカリス、ハルキゲニア、ダンクルオステウス、ディメトロドンとかが好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品