ファン・ゴッホ 自然と宗教の闘争

圀府寺司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093877398
ISBN 10 : 4093877394
フォーマット
出版社
発行年月
2009年03月
日本
追加情報
:
22cm,351p

内容詳細

少年期のゴッホに影響を与えた19世紀オランダ「牧師文化」に初めて着目。教会、太陽、ひまわりなど、繰り返し絵に登場する題材の変貌から、その生涯と画業が「キリスト教対自然」の壮絶な葛藤であったことを解明。

【著者紹介】
圀府寺司 : 1957年、大阪府生まれ。大阪大学文学部卒(西洋美術史)。アムステルダム大学美術史研究所に留学し(1981‐88年)、文学博士を取得。博士論文に対し、オランダ・エラスムス財団よりエラスムス研究賞を受賞。広島大学総合科学部助教授を経て、大阪大学文学研究科(美術史・アートメディア論)教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • メルセ・ひすい さん

    アムステルダム大のDr.論文 阪大文 教会、太陽、ひまわり、浮世絵、掘る人…。繰り返し登場するモティーフの変貌から、その生涯と画業が「キリスト教対自然」の壮絶な葛藤であったことが明らかになる。日本のゴッホ研究の第一人者によるゴッホ論。

  • かえる さん

    ゴッホと宗教の関わり、挫折、苦しみ、絵画に表れる神への思い…ゴッホの絵を見る目が変わる一冊です。ゴッホの人生を思うと切なくなりますが、だからこそ、今もなお多くの人々の心を打つ、普遍的な絵が描けたのだなと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

圀府寺司

1957年、大阪府生まれ。大阪大学文学部卒業後、81年から88年までアムステルダム大学美術史研究所に留学し、文学博士号を取得。博士論文でオランダ・エラスムス財団よりエラスムス研究賞を受賞。広島大学総合科学部助教授を経て、大阪大学文学研究科教授(西洋美術史)。2004年から05年まで、ワルシャワ・ユダ

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品