ファン・ゴッホ 日本の夢に懸けた画家 角川ソフィア文庫

圀府寺司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784044005283
ISBN 10 : 4044005281
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;15

内容詳細

ファン・ゴッホは、生きることの難しい人間だった。高い理想、激しい気性、有り余る情熱ゆえ、学校にも職場にも教会にもなじめず、やがて画家の道だけが残る。ハーグ派、印象派、浮世絵版画との出会いに導かれ、駆け抜けた37年の短い生涯。その心中には、孤高の理想を憧れの地「日本」に託しつづけた、ユートピアへの儚い希望があった。主要作品をオールカラーで辿り、残された手紙によって画家の人生を浮かび上がらせる決定版。

目次 : 序 出生から画家になるまで/ 第1章 オランダ時代―愛に飢えた修業者(ハーグ派の画家との交流/ 捨てられた女 ほか)/ 第2章 パリ時代―豊穣なる混沌の一幕(印象主義/ 印象派から得たもの ほか)/ 第3章 アルル時代―夢への逃避行、「日本」色のユートピア(失敗作/ 架空の太陽 ほか)/ 第4章 サン=レミ時代―迫りくる悪夢たち(星空/ つくられた風景 ほか)/ 第5章 オーヴェール=シュル=オワーズ―切れた糸(「日本」との接触ふたたび/ 「出現」 ほか)

【著者紹介】
圀府寺司 : 1957年、大阪府生まれ。大阪大学文学部卒業後、81年から88年までアムステルダム大学美術史研究所に留学し、文学博士号を取得。博士論文でオランダ・エラスムス財団よりエラスムス研究賞を受賞。広島大学総合科学部助教授を経て、大阪大学文学研究科教授(西洋美術史)。2004年から05年まで、ワルシャワ・ユダヤ歴史研究所研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハチ さん

    ゴッホ本、何冊でも読める。ゴッホの人生を何度でも読みたくなるし、作品も何回でも見たくなる。…マルタン親爺が言っていたように『傑作を描かないといけないのだ』…切羽詰まっるゴッホの右手に神が宿る!ドラクロワもミレーもゾラも聖書もなにもかもを味方につけて、全くふりむいて貰えなくて!…また絵画をみたい。

  • Mark さん

    これまで、幾度かゴッホの作品を見る機会はあったが、あまり好きになれなかった。イエローを基調にした荒々しいタッチに圧倒され、その強烈な印象だけが記憶に残っていた。本書を読んで、彼の人生に深く影響を与え続けたキリスト教感や、南仏で思い描いた訪れたことのない日本への憧れ、そしていまだに謎の多い死など、壮絶な物語として自分のゴッホ感を覆された思いがする。主要な作品と、当時残された夥しい数の書簡を紐解きながら画家の一生をたどる良著。天才は、死後に名を遺す、という典型だ。

  • shun さん

     ゴッホという人間の孤独と愛について。芸術家というものは人類への普遍的な愛を持っている、あるいは持とうとしているのだろう。娼婦への愛情は私達が普通に経験する恋愛ではなく、かといって憐みや同情でもなく、そんな愛への志向であると思う。けれども芸術家は身近な愛を普遍化しようとして、挫折をし、ぞの挫折から生み出す作品が後世に残るということが多いのではないか。そして、日本人の中に理想を描いたのだとしたら、日本人の現実の姿を見なかったことは幸いだったのではないだろうか?

  • こいちゃん さん

    ゴッホ展に行くに際して読んだ。劇的な人生を淡々と、残された手紙と共に語る。浮世絵に馳せた思いが熱く語られる。 多少読むのに難渋したのは事実に依拠しすぎでドラマチックさが犠牲になったところ。ただ印象派の画家たちに出会う前の土着に根差した画風の時代を理解するにはちょうど良かった。ゴッホ展でもこの時代、くすんだ灰色を多用するハーグ派の時代の作品が多数出展されていて、その後劇的な変化を遂げる彼の飛躍の過程に思いを馳せるにはよい展覧会であった。

  • こはく さん

    ゴッホの魅力や重要な作品のエッセンスがぎゅっと短く詰まって読みやすく、ゴッホ展へ行く前でも行った後でも、どちらに読んでもよさそう。画風が確立する前の時代の作品について「馬鈴薯を食べる人たち」や「開かれた聖書のある静物」に関してしっかり載っていたのがよかった。 「ファン・ゴッホを特別な存在にしているもの、それは彼の手紙である」(「おわりに」より) これを読んで、書簡集もぜひ読まなくてはと思った。できれば著者の訳書『ファン・ゴッホの手紙』を読んでから、ゴッホ展に臨みたいと思っている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品