2時間でわかる 日本人のための台湾現代史 KAWADE夢文庫

国際時事アナリスツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309485935
ISBN 10 : 4309485936
フォーマット
出版社
発行年月
2022年10月
日本
追加情報
:
224p;15

内容詳細

建国から110年。米中対立が激化するいま、台湾有事はあるか?!そのとき日本には何が起こるのか…

目次 : 前史 台湾はいつから地政学的要衝になったのか―日本統治時代まで/ 1章 台湾=中華民国は独裁国家として出発した―1945年〜50年頃/ 2章 恐怖政治のもとで驚異の経済成長を実現―1950〜60年代/ 3章 国連から追放されたのち民主化はいかに始動したか―1970〜80年代/ 4章 一党独裁からの脱却を成功させた李登輝―1990年代/ 5章 巨大化する中国に対峙する台湾の苦悩―2000〜2015年/ 6章 中国の台湾侵攻はあるか、そのとき日米はどう動く?―2016年〜現在

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mft さん

    よく知らないのでざっと知っておこうと思って手に取った。昔は一党独裁体制で中華人民共和国とある意味似たような国だったのが民主化されていったという流れ

  • なん さん

    台湾視点のコンパクト東アジア近現代史。令和版『台湾を知る』と理解しました。歴史のバトンが台湾「天然独」世代に移りゆく今後の展開が、軟着陸となるか難着陸となるか、友誼をもって見守りたいと思う。

  • きょん さん

    いまの台湾までの歴史、外交関係などをまとめて知るのにわかりやすかった。けど、わかりやすさには注意しないといけないな、と思いながら読んだ。

  • とめきち さん

    知らないことがほとんどでした。スペインやオランダが入ってきた頃から現在までが簡潔にまとめられていて歴史の流れがわかりやすかったです。蔣経国や宋美齢は名前しか知らなかったので台湾においてはどういう存在なのかを知るきっかけになりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

国際時事アナリスツ

複雑に入り組む国際政治や世界経済の動向をリサーチし、過去・現在・未来を分析、要点をわかりやすく解説している。いまもっとも注目されるトピックスについて、誰もが抱く疑問をすくいあげ、基本の「キ」からひもといていく手法に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品