美術でめぐる日本再発見 浮世絵・日本画から仏像まで

和田彩花

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784847048272
ISBN 10 : 484704827X
フォーマット
出版社
発行年月
2016年03月
日本
追加情報
:
57p;21

内容詳細

「浮世絵は、芸術ではなかった!」
アンジュルム・和田彩花の「乙女の絵画案内」(PHP新書)に続く美術書、好評第2弾!!
浮世絵から日本画、洋画、仏像までを彼女の視点で解説、日本再発見の旅へと誘います!
葛飾北斎「冨嶽三十六景 甲州三嶌越」、喜多川歌麿「ポッペンを吹く娘」、
クロード・モネ「ラ・ジャポネーズ」、歌川広重「東海道五拾三次之内 庄 野 白雨」など収録。

発行:オデッセー出版
発売:ワニブックス

【著者紹介】
和田彩花 : 1994年8月1日群馬県生まれ。ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」のリーダー。2004年「ハロプロエッグオーディション2004」に合格し、ハロプロエッグのメンバーに。2010年『夢見る15歳』でメジャーデビュー。同年に「第52回輝く!日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞する。2015年1月よりアンジュルムとして新たにスタートした。現在、テレビ、雑誌、舞台、ライブなど多方面で活躍中。共同通信で美術館を巡る「アートマイレージ」を連載するなど、絵画への関心が高く、大学で美術史を専門に学んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケン・リヴィングストン さん

    もはや「文筆家・和田彩花先生」である。私たちがハロヲタとして親しみを込め「あやちょ」と呼んでいるアンジュルム・リーダーの和田彩花は、優れたパースペクティブと素直でいて力強い文章力を持った独特の絵画コラムニストだ。浮世絵は当時高尚な芸術ではなく、さながら現代のアイドルのピンナップポスターのような存在だった。現代人と江戸の人々の感性の共通点を探り、「江戸ポップカルチャー」とでも言うべき江戸の人々の風俗に思いを馳せる。和田先生の文章によって、あなたも江戸の町人がグッと身近に感じられるに違いない。

  • Hiroshi Kito さん

    ハロプロ のアイドルグループ『アンジュルム 』リーダー和田彩花が、自身の視点からの解釈で浮世絵を中心に、洋画、仏像にまで及び、日本美術の素晴らしさを紹介する本です。浮世絵が世界に与えた影響、特に印象派の画家ゴッホやモネにオマージュさせるまでの価値についても触れています。大学で美術を学び、人の解説を丸写しするのでは無く、ちゃんと自身の言葉で思った事などが書かれているところに好感が持てます。不満を言えば、字がやたら小さく読みづらいし、肝心な絵の画像も小さく、本文で触れている絵画を全て網羅していないことかな?

  • feodor さん

    今回は浮世絵にシフトしての美術論。浮世絵の商品性とアイドルの商品性がうまく重なりながら語られていたのはとてもおもしろかった。尾形光琳の『風神雷神図屏風』(宗達の模写)とか古賀春江の『海』とかチョイスも良かった。浮世絵に興味持つまでの感じとか、ものすごく同感のところもあった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

和田彩花に関連する商品情報

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品